Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

松島さかな市場の駐車場のおすすめと料金はいくら?三カ所を紹介!

松島おさかな市場の全景写真

松島海岸の、松島さかな市場への、車で行った時のおすすめ駐車場と、料金を紹介します。

「松島さかな市場」は、牡蠣の食べ放題や、海鮮のおいしいもののメニューも豊富で、人気の観光スポットです。
新鮮な、土産物の海産品でも人気です。

私が、年に数回松島海岸へ行く時の、おすすめの駐車場を紹介というか、書いてみようと思います。

料金も上限決まってて、リーズナブルです。

スポンサーリンク

松島の駐車場は、上限固定の個所と、時間制での従量制の駐車場があります。

当然ながら、便利のいいところは高いはこれは常識です。

できれば、駐車料金気にしないで、さかな市場でおいしいものを食べて、さらには松島の観光を、楽しみたいものだと思いませんか?

松島五大堂より福浦橋を眺めた風景写真

管理人推奨の駐車場2カ所はどこ?

私が松島に行く理由は、写真を撮りに・・
これだけです。

撮った写真をどうする?

どうもしないのですが、写真を趣味にしている人って、大体がそういうものかと。

私はブログに張ったりしてますが、ただそれだけです。

松島に、観光に来る方って、まさか「さかな市場」での食事や、買い物だけではないかと。

松島に観光に来て、ではどこで昼めし食う?

こんな感じで「さかな市場」にたどり着くんだと思います。
それと土産物品でも、新鮮な海産物品はどこで売ってる?

「さかな市場」

なわけです。
なので最初に観光ありきかと・・・

すすめの駐車場その1は?

おさかな市場向いの駐車場1
(管理人撮影)
おさかな市場向いの駐車場2
(管理人撮影)
地図中マーク:3

ここは、おさかな市場のすぐの向いになります。
おさかな市場に行く目的なら、ここが一番かと。

写真のように、500円の定額です。

難点は、松島海岸駅までちょっと遠いんだな~~
とはいっても1㎞ないですが・・

すすめの駐車場その2は?

松島の駐車場12時間600円の場所の写真
(管理人撮影)
地図は下記に示しますが、松島海岸駅の近くで、すぐ向かいは

「観覧亭」

になります。


(ヤフー地図より引用)
地図中マーク:1
その隣はすぐに、遊覧船乗り場!
なので、ここに止めれば、松島海岸通りの観光に最適かと。

上限は12時間まで「600円」です。

ここ松島の観光で、12時間も滞在は考えにくいので、十分な時間かと。

私は便利なので、駐車場はここを最初に選んでいます。

おすすめの駐車場其の3は?

次におすすめはここです。

円通院隣の有料駐車場の写真
(管理人撮影)
地図中マーク:2
場所的には、円通院のすぐ隣に当たります。

ここの料金は

一回:500円

です。
一回なので、時間制限にないかと・・
ただし、日をまたぐとどうなるかは、わかりません。

思えば、それは考えたことがなかった!!

通常私は、6時間以上は滞在したことが、ないですから。

一応、500円ということで‥安いです。
ここは第二候補です。

ここを起点にするなら、ちょっと回って、最初のその1の駐車場前まで行って、そこからを起点にするのも、ありかと思います。

 

スポンサーリンク

松島さかな市場の駐車場のおすすめと料金のまとめ

松島さかな市場の、場所やアクセスは下記記事で紹介しました。

私が食べておいしいものの紹介は下記リンク(ブログ内記事です)で紹介したので、よろしければ・・

車で松島に行く場合は、シーズン中は渋滞に注意が必要です。

私は主に平日しか行かないので、大規模な渋滞に巻き込まれたことはないですが、とにかくここは混みます。
混むと当然、駐車場も止めるところがないくらいに混むかと。

通常は、駐車場はそこかしこにあるので、大丈夫かと思いますが、特別な期間はそうでもないです。

松島さかな市場は、メニューも人気で、さらに牡蠣小屋もあって人気のスポットです。

松島さかな市場のメニューと料金は?お土産買うなら新鮮でお勧め!

松島来たら、やはりここは立ち寄ってみないと、いけないですね。

隣は「伊達政宗歴史記念館」です。
宮城県といえば仙台藩の「伊達政宗」は戦国の武将で、有名ですね。

渡辺健さんの、出世作でした・・「独眼竜正宗」(NHK大河)

では皆さん・・松島堪能しに来てくださいね~~

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る