鎌倉駅のコインロッカーの場所と料金は?構内図と現地写真で紹介!

明月院の丸窓の紅葉

鎌倉駅の、西口と東口のコインロッカーの場所や、料金(値段)や大きさなど、重要な位置情報を、紹介します。
鎌倉駅の構内図に、番号付きで、現地の写真を交えて、できるだけわかりやすくしました。

鎌倉の観光で立ち寄ったけど、この荷物どっかに預けられない?
そんな時にコインロッカーは、とても便利です。

スポンサーリンク

 

鎌倉駅の構内図とコインロッカーの位置は?

古都鎌倉は、今から800年ほど前には、鎌倉幕府が開かれていた、歴史ある古い都です。

多くの、お寺や神社が、この時に建造されて、戦火を逃れて今に現存しています。
その古い歴史を探訪するために、多くの観光の方が、訪れています。

もちろん私もその一人です。

 

鎌倉駅の構内図とコインロッカーの位置は?

 

コインロッカーの位置を見るには、やはり鎌倉駅の構内図が、一番ですね。
その構内図に、設置場所を赤丸と番号をつて見ました。

その赤丸の場所の現地の設置状況を写真で紹介します。

鎌倉駅の構内図

上の構内図の赤丸の位置が、コインロッカーの設置場所です。

鎌倉駅東口のコインロッカーの設置場所と料金と大きさは?

駅の正面はこんな外観です。

鎌倉駅東口の写真

まずは、鎌倉駅の東口から紹介していきます・

 

鎌倉駅東口赤丸4の場所の写真

 

上の駅を方面に見た左端になります。
こんな場所になります。

鎌倉駅東口駅左端のコインロッカー

この奥に

鎌倉駅東口駅左端のコインロッカー

このようにずら~~~っと並んでいます。

 

鎌倉駅東口赤丸5の場所の写真

 

ここは駅構内で、改札内になります。

鎌倉駅東口構内のコインロッカーの写真

飲食店のわきになります。

*赤丸6番ですが、実際に行った時に見つけることができなくて、写真がないです。
でも構内図にはあることになってるので、もし紹介の場所がいっぱいの場合は、行ってみてください。

鎌倉駅西口のコインロッカーの設置場所と料金と大きさは?

鎌倉駅西口の正面の風景の写真です。

鎌倉駅西口の正面の風景写真

この正面の写真から紹介していきます。

 

鎌倉駅西口赤丸1番の場所の写真!

 

これは、駅を正面に見て券売機のすぐ隣になります。
設置の写真は以下です。

鎌倉駅西口のコインロッカーの設置の風景

ここは駅の正面なので、とても分かりやすいです。

 

鎌倉駅西口赤丸2番の場所の写真!

 

ここは改札の手前の、右側になります。
向かい合って並んでいます。

鎌倉駅西口のコインロッカーの設置の風景

こんな感じです。
結構台数は多いです。

 

鎌倉駅西口赤丸3番の場所の写真!

 

ここは駅の構内になります。
なので改札を通らないといけません。

鎌倉駅西口改札の風景

この改札を通って、すぐ右側になります。

鎌倉駅西口のコインロッカーの設置の風景

ここは、すぐ隣が江ノ電の改札になっていて、右側のコインロッカーは、江ノ電の改札内になります。

鎌倉駅のコインロッカーの料金とサイズ(大きさ)は?

どうやら大きさは3種類のようです。
勿論、料金はその大きさで決まります。

小:400円
中:500円
大:700円

のようです。
自分の荷物のサイズによって、決められるようになっています。

いい旅をしましょう!

スポンサーリンク

 

鎌倉駅のコインロッカーの感想!

鎌倉の観光に行ってきたのですが、とてもいい所ですね。
観光に荷物って、必要な時もあるのですが、できれば観光の場合は、カメラや最低限の身の回り品にして、身軽にして歩きたいものだと思います。

私はいつも利用します。

但し・・・必要なものまでコインロッカーに入れてしまって、また取り出して・・・これでは料金は二重にかかってしまうので、最初に十分に注意したほうがいいですね。(これ私です)

スカスだ・・

鎌倉はいい所だな~~

「明月院」

感動しました。
初日・・そんなところとはつい知らずに、入ったのですが、大行列・・何だこれ?

ってこれでした・

明月院の丸窓の風景写真

もう一枚です。

明月院の丸窓の風景写真

が・・2時間も並んでいられないので、思い切って次の日の朝いちばんにまた行きました。
そして、撮影したのが上の写真です。

写真では見たことがあったのですが、とても素晴らしいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る