観欄亭で抹茶を飲む松島海岸の風景写真は格別!場所とアクセスは?

松島観欄的休み処から見た風景写真

松島の観欄亭から見る、「松島海岸」の風景は絶景です。
松島湾周遊の、遊覧船の発着が見れて、此れも風情があっていいです。

遠くは福浦橋の、赤い色が見えます。

抹茶をここでお飲みながら、ゆっくりと過ごす時間は、ここだけ時間がのんびり流れていくような、そんな錯覚を覚えます。

スポンサーリンク


ここの入場料金(拝観料金)は200円と安いです。

床の間に飾ってる絵や、ふすまの絵がすごく綺麗です。
(多分撮影禁止でしょうから、ここでは紹介できませんが・・)

観欄亭の休み処の風景写真
(管理人撮影)

松島観欄亭の場所と入館料は?

場所の地図は、下記に示します。

松島海岸駅から観欄亭までの地図画像
(ヤフー地図より引用)

松島海岸駅から、すぐの位置です。
歩いて300mあるかな~~

なんていう距離なので、5~10分くらいかと。

真っすぐここまで来るには、すぐなのですが、松島海岸駅から、ここまでの間にも観光ルートがありますし、何しろいろんな食べ物や、土産物品の売り場が多いので、それを見ながらですからね~~

まあ~~10分ということで。

観欄亭松島の入館料(拝観料)は?

私は200円でした。

入り口の、料金表を張っておきます。

こんな感じです。

松島観欄亭の入場料の写真
(管理人撮影)
松島観欄亭の入り口の風景写真
(管理人撮影)
松島観欄亭のお品書きの写真風景
(管理人撮影)
松島観欄亭の歴史的な説明書きの写真風景
(管理人撮影)
入って、すぐ右側に、抹茶をいただきながら、座って観欄亭からの松島湾の風景を楽しむ、休み処があります。

そこで抹茶を頼んで、楽しめば、またそれなりに松島の風景青楽しむことができます。

勿論、抹茶を頼まなくても、そこで休んでもOKです。

ここから見た風景は下記の写真です。

観欄亭から見た松島湾の風景

ここからの風景は、お殿様が絶賛しただけあって、さすがです。

多分ここの松島海岸では、一番の風景かと思います。
松島海岸通りから望んだ、松島湾の風景を愛でるなら、ここが一番だと私は思っています。

松島観欄亭から見た松島湾の風景写真
(管理人撮影)
松島観欄的休み処から見た風景写真
(管理人撮影)
松島観欄亭から見た松島海岸の風景写真
(管理人撮影)

観欄亭ってどうしてここにあるの?

この現在の建物の「観欄亭」は文禄年間に、伊達政宗公が豊臣秀吉公より、拝領した伏見桃山城の一角だったそうな。

それを伊達政宗が、そっくりそのまんま、自分の江戸屋敷に移設。

その建物を、今度は二代藩主の「伊達忠宗公」が、またまたこの地に移設。

江戸時代には、この建物だけでなく、侍部屋や厩や台所などで、11棟ほどあったそうです。

多分ですが・・円通院を移設した時に、同じく持ってきたのかな~
なんて、勝手な私の想像です。

スポンサーリンク

観欄亭は松島海岸を一望できる休み処のまとめ

始めて、この観欄亭に行ったときは

「お~~~すんげ~~」

って思いました。
何しろ、松島海岸駅の前のお店で「レンタサイクル」を借りて、行った先がここが最初。

松島の遊覧船が、発着して海に奇跡を作っていく様は、何とも絶景だな~~

なんて思ったものです。

松島観欄亭から見た遊覧船の波の軌跡風景写真
(管理人撮影)
何度行ってもいいところですね。

ここの休み処で、休んでいると何となく

「お殿様御一行」

の雰囲気も、もしかしたらこんなもん?

なんて思ったりして。

西行戻しの松公園冬のパノラマハウスの松島の風景写真の紹介!

近くにはどんぐりコロコロの碑もあって、何ともいいですね。

松島観欄亭のどんぐりころころの碑の写真
(管理人撮影)
駐車場情報は、私の別記事で紹介しました。

参考になればいいです。

松島さかな市場の駐車場のおすすめと料金はいくら?二カ所を紹介!

松島は四季を通して、楽しめる観光地化と思います。
それぞれの季節で別な顔を、見せてくれます。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る