嵯峨渓の奥松島遊覧船の料金と乗り場は?駐車場も含めた情報!

嵯峨渓の奥松島遊覧船の料金と乗り場は?駐車場も含めた情報!

奥松島嵯峨渓の島々の風景写真

日本3大渓流の一つ、奥松島の島めぐりで人気の、「嵯峨渓」で遊覧船に乗って、観光を楽しんで、岩や浸食された風景の写真を撮ってきました。

奥松島宮戸島の最南端に位置する、松島の絶景

「嵯峨渓」

は、岩手県の猊鼻渓と大分県の邪馬渓とならび、「日本3大渓流」として知られます。
その奥松島の嵯峨渓に行って、遊覧船に乗って観光をしてきました。

絶景でした‥遊覧船の料金や、駐車場や発着時間などを、写真を交えて紹介します。

ぜひ一度入って、観光してほしいと思います。
場所は、松島四大観の「大高森展望台」の遊歩道の入り口の、すぐ向かい側になります。

場所とアクセス情報も、紹介しようと思いますが、基本大高森展望台を目指していけば大丈夫です。

スポンサーリンク

最初にアクセス情報ですが、大高森展望台への行き方情報は下記記事で紹介しました。

大高森の場所とアクセスの行き方は?駐車場と登山口の写真も紹介!

嵯峨渓に行ったら、すぐ向かいですから、ぜひこちらの遊歩道を登って

「大高森展望台」

からの、松島四大観の絶景を楽しんで、ほしいと思います。

嵯峨渓奥松島遊覧船の発着場所の場所とアクセスは??

これは大高森展望台を目指してください。
実際のアクセスを紹介した記事は下記です。

大高森の場所とアクセスの行き方は?駐車場と登山口の写真も紹介!

電車ではJR仙石線の「野蒜駅」で降りて、徒歩は無理な距離なので、タクシーかと思います。

車がおすすめなのですが、その場合は三陸自動車道の「成瀬奥松島インター」で降ります。

詳しくは上記リンクの記事で、確認ください。

大高森展望台への生き方を紹介していますが、その遊歩道の登り口の、すぐ向かい側が船の発着所になっています。

松島四大観大高森展望台の遊歩道入り口写真

上の写真が、大高森展望台遊歩道の入り口の写真ですが、その向かいにすぐ乗り場があります。
その写真は下記です。

奥松島嵯峨渓遊覧船の乗り場風景

ここが乗り場になります。

参考までに、大高森展望台への遊歩道を登っていくとこんな風景が見られます。
絶景です。

松島四大観大高森展望台の風景写真

とてもきれいな風景です。
詳しい風景写真などは、此方で紹介しました。

大高森展望台の松島晩秋の写真を撮影してみた!松島四大観の絶景!

では次に、乗車券の(遊覧船の料金)料金や、購入場所や駐車場を紹介します。

嵯峨渓奥松島遊覧船の料金と発着場所駐車場は?

大高森展望台の、遊歩道入り口の向かいにこの建物があるのですが、ここで乗船券を購入します。
ここは(株)奥松島公社 奥松島嵯峨渓遊覧船案内所 の表記があります。
いろんなお土産物の販売や、休みどころになっています。

奥松島嵯峨渓遊覧船乗船券売り場

建物はこんな感じなのですが、駐車場もここになります。
もちろん無料です。
台数は結構止めれますから、ここがいっぱいになるのは、ちょっと考えられなさそうですが、秋の超観光シーズンならどうでしょうか?

奥松島嵯峨渓駐車場と乗船券売り場

でも秋も何度も行ってますが、さほどではないように感じます。

スポンサーリンク

嵯峨渓遊覧船の乗船の料金は?

私が行ったときは2018年4月22日です。
天気は上々で、見通しも見晴らしもばっちり!

が・・なんと~~お客さんは私ら夫婦のみ。

「あの~~~お二人ですと6000円になるのですが、もう少し待ってみて人数によるのですよ~~」

ということ。
要は1台出すのに6000円でないと、コストが合わないということのようです。
基本料金ということのようです。

「6000円ですか‥いいですよ~~お願いします」

と言って、申し訳なさそうにしていたのですが、こっちとしては料金はもうわかっていたので、承知の上。
それで乗りに来たのですから、何の問題もないわけです。

「一度は乗ってみたいな~~」

って思っていたのですから。

発着所はこんな感じです。

嵯峨渓遊覧船発着所と船の外観

小さい船です。
後ろのほうに乗ると、船外機の波しぶきで、なかなかこれがリアル!

嵯峨渓遊覧船の船外機の風景

で・・乗っていざ出航!

と・・さ~~始まった~~お~~すんげ~~~って思いながら、船に乗って、ほぼというか完全な貸し切り状態だったのです。

ところが!!!

15分くらい行って、嵯峨渓に向かっていたのですが、船頭さんの携帯が鳴って・・

「え??今から戻るの?今向かってるよ‥え??お客さんに聞いてみろ??」

「あの~~お客さん、もう二人乗せてほしいといってるんだけど、戻っていいかな?」

なんと~~
もう二人お客さんが来たから、こっから戻っていいか?だってさ~~

「あ~~いいですよ‥別に忙しくもないですから。」

ということでそこからUターン・・もう一度仕切り直し。
乗ってきたのは、老夫婦の方。

なので、帰りに、返金を受けました。
料金は、6000円支払って、2000円の返金で4000円です。

公式サイトの表示では・・・

最低:6000円(基本料金)
一人:2000円(大人)
1500円(子供)

です。
この、2000円(大人)という料金は、4人以上がそろっての価格のようですから、気を付けてください。

お問い合せ・ご予約は 東松島市奥松島嵯峨渓
遊覧船案内所まで。 TEL:0225-88-3997

なおHPは上記のリンクです。

それと、私が行った大高森の遊覧船乗り場以外に、いつもの松島海岸の遊覧船乗り場からも出ているようです。

こちらは夏季限定というか、オンシーズン限定の運行で、料金は3000円で中型船のようです。
詳しくは下記のリンクでどうぞ。

松島海岸の嵯峨渓案内HPはこちら

ここからの、島めぐりの遊覧船の風景はこちらの記事で紹介しました。(松島海岸発着ですから嵯峨渓とは別)

松島遊覧船の島巡りで撮った写真の紹介!島の岩の浸食がとても綺麗!

松島は、大小多くの島が海に並んで、さらにその島が波で浸食されて、一大風景を見せている絶好の観光スポットです。

丘の上ももちろんいいのですが、やはり松島観光のだいご味は

「海上の風景」

なのだと思います。

この先の観光写真は下記で紹介しました。

嵯峨渓めぐりは松島観光の奥松島遊覧船がおすすめ!観光写真まとめ!

風景はすごく良かったですよ~~

嵯峨渓遊覧船料金と乗り場や駐車場のまとめ

奥松島嵯峨渓の海に浮かぶ岩の写真

奥松島嵯峨渓の、遊覧船の旅の紹介をしてきました。

私が行ったのは、2018年「4月22日」まだ寒いかな?

そう思ったのですが、お天気が良くとてもいい陽気の一日でした。

この日は、この船の後に松島四大観の一つの

「多聞山」(偉観)

に行ってきました。

ここの風景もすごく素敵で、春だな~~って思った次第です。

観光ってすごくいいですね。
おなじ場所でも、季節によってはまた違った風景を見せてくれます。

中でも松島は大好きなスポットです。

円通院は、春夏秋冬と全く違った風景です。

何度も言ってますが、とても大好きです。

さて次回は、この奥松島嵯峨渓の写真をまとめて、特集してみます。
すべて私が撮ってきた写真です。
詳しくはこちらです。

嵯峨渓めぐりは松島観光の奥松島遊覧船がおすすめ!観光写真まとめ!

へたくそですが、嵯峨渓の魅力を少しでも伝えられたらと思います。

・・・・
関連リンク

松島で人気のスポットといえば、ここ円通院です。
秋の風景は、ぜひ見ていただきたいです。

円通院の紅葉の見ごろの画像を撮ってみた!拝観料とバラ園の内容は?

五大堂の透かし橋や、ここから見た福浦橋の朱色の橋は、とてもきれいです。

五大堂の拝観料金やすかし橋の写真画像の紹介!松島湾の写真も!

観覧帝で、抹茶を飲んで遊覧船を見る‥そんなまったり感がたまらなくいい時間でした。

観欄亭で抹茶を飲む松島海岸の風景写真は格別!場所とアクセスは?

松島は日本三景で、とても人気の観光スポット。
多くの外国の方もいらっしゃいます。
一度いかがですか?

私は写真が好きなので、年に何度も行きます。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る