Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

気仙沼大島のランチグルメ情報!おすすめのお店の場所と料理の写真!

鶴亀丼の幟の写真

気仙沼大島に行ってきたのですが、おいしいランチを食べてきたので、お店の名前と位置情報や、海鮮の写真を紹介します。
海鮮の名前は「鶴亀丼」で、ま~~言ってみれば、「海鮮丼」です。
写真もアップしますので、参考までに。
なお、お店の名前は、島の味処「小松」です。

どこで知ったの?

亀山展望台に行く、往復のシャトルバスの、運転手さんでした~~

スポンサーリンク

 

大島の味処小松の場所とお店の外観は?

「運転手さん、大島でおいしい名物って何?」

「んだったら、小松食堂というところの、鶴亀丼だべ!」

「うまいっすか?」

「うまいって評判だから、決まったものがないんだったら、いってみたら?」

っと・・いうことで、場所はこのシャトルバスの乗り場から見える位置でした~~

シャトルバスで、お店の前を通っていきます。

 

小松食堂の場所とお店の外観は?

 

マップは以下のようです。

気仙沼大島亀山展望台のマップ

これに、小松食堂が、載っています。
この場所です。

外観の写真は以下のようです。
私の撮影です。

大島小松食堂の外観写真

正面から見ると‥

大島小松食堂の外観写真

普通の食堂です。
入ってみても、普通のお店でした。

島の味処小松のメニューは?

メニューはこんな感じでした。

小松のメニュー

見開きの別ページ。

小松のメニュー

うどんとそばはあるのですが、ラーメンは無。

私たちの(妻と二人で行ったので)あとからのお客さんで、ラーメンがないので、せっかく来たのによそに行った方もいました。

ラーメン食べたかったんですね。

おすすめ鶴亀丼の写真と料金は幾ら?

鶴亀丼の幟の写真

上のメニューで紹介しましたが、写真の通り

「鶴亀丼」

の値段は

「2200円」

です。
結構します。
メニューの中で飛びぬけています。

せっかく大島に来たので、妻と二人で、一緒のもの(鶴亀丼)を食べました。

気仙沼らしい、いうなれば海鮮丼ですね。

味は?

とてもおいしかったです。

写真はこちら!

小松の鶴亀丼の写真

小松の鶴亀丼の写真

見るからにおいしそうです。
って実際においしかったです。

・・・・・・・・・・・

関連記事

大島が身近になったのは、この大きな白い橋が、開通したおかげです。
橋の景色の写真や、アクセスなどを紹介しました。
とてもきれいな橋で、亀山の展望台から見たこの大島の橋も、とてもきれいです。

気仙沼大橋へのアクセスと観光写真!場所と長さと料金は無料?

気仙沼大島の景勝地で、龍舞崎(たつまいざき)は三陸国立公園の中でも、最も人気の場所のようですね。

龍舞崎(たつまいざき)へアクセスや駐車場情報!遊歩道や景色の写真!

行ってきたので、遊歩道や景色の写真などを紹介しました。

スポンサーリンク

鶴亀丼を食べた感想!

とてもおいしかったです。
気仙沼大島と言えば、やはり名物って気仙沼港がありますから、さらにここは漁業の基地でもあります。

やはり海鮮ですよね~~

ラーメン食べに来た方もいましたが、私的には海のものが、ここの名産というか名物かな~~って思います。

道の駅のような「野杜海」という場所が、すぐ近くにありますが、そこで産直があります。
やはり、海の特産がメインのようでした。

野杜海の写真

そこで・・アカモク(ぎばさ)を一袋買ってきました。

お味噌汁というか、汁物にして食べようかな~~なんて思ったのでした。

また、そこで、ソフトクリームを食べて、それもおいしかったです。

運転手さんに紹介してもらった

「鶴亀丼」

で、少しは寿命が延びたかな~~なんてね!!

・・・・・・・・

関連記事

気仙沼大島の景勝地では、一番見晴らしがいい場所かと思います。
大島で、一番高い山ですが、見晴らしの展望風景は、とても見ごたえがあります。

亀山展望台は気仙沼大島観光でおすすめ!シャトルバス時刻表も紹介!

大島観光では、ここも外せない観光スポットですね。

大島観光お勧めの十八鳴浜(くぐなりはま)へのアクセスと観光写真!

歩くと須永、鳴くんだなあ~~本当なので驚きました。
きれいな砂浜が印象的な場所です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る