Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大島観光お勧めの十八鳴浜(くぐなりはま)へのアクセスと観光写真!

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

気仙沼の大島の、人気の観光地の、十八鳴浜(くぐなりはま)に行ってきたので、アクセスや駐車場情報や、現地の観光写真などを紹介します。

砂が鳴くのですが、実際に音の表現は、できないですが鳴きます。

気仙沼大島へは、島と本島を結ぶ「気仙沼大橋」が完成して、アクセスが格段に良くなったので、とてもお勧めな観光地だと思いました。

スポンサーリンク

 

大島の十八鳴浜(くぐなりはま)へのアクセスと駐車場情報は?

気仙沼大橋に行ってきました。
とはいっても、大島の観光には、この今年開通の

「気仙沼大橋」

を渡らないといけません。
きれいな白い橋です。
とても便利になりました。

ついでに、大島の観光をしてきたのですが、数か所回ったのですが

「十八鳴浜(くぐなりはま)」

はそのうちの一か所です。
最初どう読むのかわかりませんでしたが、砂が鳴くように、歩くと締まって音がするんです。

 

大島の十八鳴浜(くぐなりはま)へのアクセスマップと位置情報は?

 

以下のようです。
こちらは、大島の観光マップです。

大島十八鳴浜の観光マップ
(大島観光協会HPより引用させていたしました)

地図で行くとこんな感じです。

大島十八鳴浜へのマップと位置情報
(グーグルマップより引用)

気仙沼大島自体は、マップで見ると結構大きく見えますが、上から下に車で行っても、20~30分程度で行ってしまいます。
結構、観光地自体が近いです。

 

大島十八鳴浜の駐車場の広さと駐車可能台数は?

 

駐車場の写真は以下のようでした。

十八鳴浜の駐車場の風景写真

十八鳴浜の駐車場の風景写真

こんな感じの広さの駐車場で、駐車可能台数は15台前後のように思います。

なお、駐車料金がかかります。
とはいっても管理人の方はいません。

上の写真の、P(有料)の表示があって、駐車料金は以下のようです。

  • 大型:500円
    中型:300円
    小型:300円

です。
ポストのような、貯金箱のような、この箱に入れます。

大島の十八鳴浜(くぐなりはま)駐車場からの遊歩道を写真で紹介!

駐車場からの道中は、こんな感じの遊歩道になります。

駐車場から、少し戻っていきます。

十八鳴浜への遊歩道の風景写真

しばらく行くとこんな標識が‥

十八鳴浜への遊歩道の風景写真

こんな標識も‥

十八鳴浜への遊歩道の風景写真

少し行くと0.5㎞の標識が。

十八鳴浜への遊歩道の風景写真

こういう遊歩道をどんどん行きます。

十八鳴浜への遊歩道の風景写真

すると、海岸に降りていく階段が現れます。

十八鳴浜への遊歩道の風景写真

この先に、十八鳴浜のきれいな砂浜が見えてきましたよ~~~

スポンサーリンク

大島の十八鳴浜(くぐなりはま)の風景と感想!

十八鳴浜(くぐなりはま)お風景写真です。
こんな風景でした。

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

砂の写真です。
すごくさらさらしています。

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

手で取ってみました。

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

風景です。

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

砂浜だけの写真です。

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

向こうに見える風景です。
きれいなところですね。

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

こんな海岸の風景です。

十八鳴浜(くぐなりはま)の景色の写真

本当に泣くようなお音がするのかな~~って思って、はだしで走ってみました。

するとやはり・・鳴くような音がします。

へ~~~って思いましたよ~~

駐車場からは、結構遠いです。
1kmまではないですが、700~800m程度はあるようです。

行ったときに帰りに、突然雨が降ってきて、結構濡れました。

カップルできてる方って、結構いらっしゃいました。
ここって、そういうデートコースなのかな~~っても思った次第です。

確かに、いい景色のところで、砂が鳴くのですから、一度行ってみたい・・そう思う方はいるかと。
私と妻もそうでした。

・・・・・・・・・・・・

関連記事

気仙沼大橋の紹介をしました。
実際に行ってきたのですが、この同じ日です。

気仙沼大橋へのアクセスと観光写真!場所と長さと料金は無料?

とてもきれいな橋ですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る