Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

秋保神社の御祈祷の料金(価格)と境内や周囲とのぼりの画像のまとめ!

多聞山・偉観の春の風景写真

勝負神社として、勝負の神が宿るといわれて人気の、秋保神社の御祈祷料金(のぼりの料金)や、境内の周辺の登りの写真画像を紹介します。

秋保神社の御利益は、「勝負の神」「子宝」「縁結び」(たらよう)「家の方角」などなど、多岐にわたるようです。

勝負神社で有名なのですが、実際はほかのことでも、御利益がありそうです。
おみくじが、樹齢300年の桜の木にいっぱいでした。

行ってみるとわかるのですが、秋保神社の周辺を以下で紹介しますが、勝負の神と書かれたのぼりが、ずら~~りと囲っています。

まさに圧巻!・・これこそ勝負にかける思い・・かと!!

秋保というと、秋保温泉や秋保大滝で有名ですが、この秋保神社も名所ですね。

スポンサーリンク

秋保大滝の滝つぼの写真を撮りに行って、ついでに寄ったのですが、ここは数回通っているのですが、こののぼりは何だろう?

いつも疑問に思っていたのでした。

今回はその疑問が解けて、本当によかったです。

秋保神社ののぼり「勝負の神」の御祈祷料金は?

秋保神社の外観風景写真
(管理人撮影)

すぐに疑問に思うのは、こののぼりの「勝負の神」の、御祈祷の料金です。
調べてみたのですが、秋保神社の公式サイトに、書かれていました。

個人(記名入り):5000円
法人または団体はまた別料金のようです。

受付時間(御祈祷時間)は毎日午前9時から午後4時半のようです。
でも予約をしていったほうが無難です。
混みあうと、順番でしょうから。

予約のフォームはこちらです。

予約はこちらです。

祈祷に要する時間はほぼ30分ほど。
皆さんの勝負事は何ですか?

家内安全は勝負ではないしなあ~~
やっぱし商売や、ゴルフなどのゲームや野球での必勝!

などなど、いろいろ考えられますが、こののぼりの御利益はありそうですよ~~~
・・・・
関連記事
秋保神社へのアクセス情報はこちらです

秋保神社は勝負の神の御利益のぼりの祈祷で有名!アクセスと画像!

バスと車で行く方法を紹介しました。
こちらは秋保大滝の画像を紹介しました。

秋保大滝不動尊の場所や駐車場料金は?滝見台から見た風景画像!

冬の画像ですが、見事です。
・・・

秋保神社の境内や参道や周辺駐車場などの周辺画像の紹介!

秋保神社周辺や、参道や御門から見たのぼりの風景などを紹介します。

秋保神社の駐車場の風景です。
結構広いです。
大型バスも駐車できます。

秋保神社の駐車場の風景写真
(管理人撮影)

秋保神社の駐車場の風景写真
(管理人撮影)

駐車場の左隣に、参道があるのですが、そこを見た風景写真です。

駐車場わきの秋保神社の門を横に見た風景写真
(管理人撮影)

参道の門を正面から見た風景写真です。

秋保神社の参道の正面の山門の風景写真
(管理人撮影)

秋保神社の本堂を、正面から見た風景写真です。

秋保神社の本堂を正面から見た風景写真
(管理人撮影)

神社わきの売店でおみくじや、お守りの「新勝守」が売ってます。

秋保神社のおみくじの販売風景写真
(管理人撮影)

なおこの「新勝守」は郵送でも売ってるようです。

新勝守の郵送オーダーフォームはこちら

秋保神社の公式サイトで、売ってます。
価格は500~800円程度で、勿論送料がかかるので、その分がプラスになろうかと思います。

神社には、大きな枝垂れ桜があります。

秋保神社の枝垂れ桜の風景写真
(管理人撮影)

写真の様に、木の根元におみくじを、たくさん巻き付けています。
勝ったおみくじに願いを込めて・・・ですね!

スポンサーリンク

秋保神社の周辺のぼりの画像のまとめ

ここなんだろ?

そういう疑問が、解けた瞬間でしたが、まさか神社とは思いませんでした。

この勝負の神と書かれたのぼりが、周辺をグル~~りと・・
参道の両脇から、本堂の入り口も全部埋め尽くしてました。

すごいです。

しかも願掛けの、名前の主は有名人がずら~~り~~

皆さん、よく知ってる方の名前もたくさんでした。

勝負ごとに関しては、やっぱし願掛けは、これは人情ですね。

受験も勝負かといえば、これも勝負かと。
まして商売ならなおさらですし、スポーツ選手なら、毎日がこれが勝負ですからね~~当然ですね。

秋保神社の起源は、約1200年ほど前にさかなぼるそうな。

坂上田村麻呂征夷大将軍が、蝦夷平定に来た際に、この地に熊野神社を建てたのが起源のようです。

昔の戦となれば、これは勝負の最大時かと。

勝負の神が宿るのも、無理からぬこと・かもしれません。

皆さんいかがですか?

でも、このお守りはいいですね。
郵送で買うまではいきませんが、今度秋にまた秋保大滝の写真を撮りに行くので、その時に買ってこようかと思います。

急に、思い付きで寄ったので、由来も何もで、このお守りのことも知りませんでした。

皆さん、勝負での願掛けは「秋保神社」ですよ~~~
・・・
関連記事

秋保温泉には、宮城県の恋人の聖地に認定されてる、磊々峡があります。

恋人の聖地 宮城の磊々峡アクセスは?駐車場と遊歩道入り口を紹介!

自然にできた、石に刻まれたハートマークが不思議です。
こんな自然の奇遇もあるんですね。

見た感じ不思議でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る