大高森展望台の松島晩秋の写真を撮影してみた!松島四大観の絶景!

大高森展望台の松島晩秋の写真を撮影してみた!松島四大観の絶景!

大高森「壮観」の展望写真

松島四大観の一つの、「大高森」にある「大高森展望台」からの風景は、別名

「壮観」

と言われていて、松島四大観のうちでも、私は一番好きな場所です。
ここからの風景は、まさに奥松島の「嵯峨渓」というにふさわしい、自然が作った景観です。

晩秋の、この大高森展望台の「壮観」の風景写真を紹介します。

スポンサーリンク

この写真は、2017年12月11日の風景です。
お天気は、絶好だったのですが、ちょっとガスがかったようで、出来上がりの写真がパリッとしなかったです。

いろいろ試してみたのですが、私の腕では、こんなものかと。
大高森「壮観」の展望写真
(管理人撮影)

大高森の晩秋の写真画像を撮影してみた!

位置情報は・・・
宮城県東松島市の宮戸島にある山。

標高106m です。

この大高森に行くには、アクセスはまた別記事で紹介しますが、電車ではちょっと無理かと‥

大高森の場所とアクセスの行き方は?駐車場と登山口の写真も紹介!

大高森の登山口の下に、駐車場が有ります。
小さいのが2ヵ所有るのですが、全部で10台止められるかな?

って感じです。

松島大高森登山口の駐車場風景
(管理人撮影)
無理なら向かいの、物産館のようなところを借りてもいいかと。

大高森物産館の風景
(管理人撮影)
こっから上っていきます。
上っていく風景はこんな感じです。

大高森登山道の風景写真
(管理人撮影)
大高森登山道の風景写真2
(管理人撮影)
大高森登山道風景上から見てみる写真
(管理人撮影)
結構坂がきついですが、「大高森展望台」までは約700m。

歩いて20分くらいかと。(個人差が有ります)

上りきるとこんな感じに開けますよ~~

大高森展望台の風景写真
(管理人撮影)
大高森展望台の説明書きと一緒に、撮るとこんな感じです。

大高森展望台の説明下記から下を望む
(管理人撮影)
しかしここは誰が発見したのかな~~

なんて思います。
どうやら、古くから・・そんな説明なので、だれということではないですね。

大高森展望台に設置の土井晩翠の碑!
(管理人撮影)
松尾芭蕉が松島を訪れた時の俳句

「松島や ああ松島や 松島や」

言葉に表現できないほどの、絶景であっけにとられた!

そういうことだと、昔教えられたような記憶が有りますが、まさにこの壮観「大高森展望台」からの眺めは、そう思います。

大高森展望台から見た松島嵯峨渓の写真

大高森展望台から見た壮観の風景写真
(管理人撮影)

大高森展望台の晩秋の風景写真
(管理人撮影)
壮観・晩秋の大高森展望台の風景写真
(管理人撮影)
季節は12月11日なので、晩秋ということかと。
初冬といってもいいかもしれません。

この辺は、雪が少ないので、たぶん雪化粧した風景は、そうそう見られないかと思います。

年に、数回ここに行きますが、いつ見てもいいな~~
って思うんだな~

松島四大観とは?

「松島四大観」

と言われる、4カ所はともに、松島海岸通りからは、離れています。
歩いてはもちろん無理かと。

唯一、扇谷といわれる

「幽観」

が、松島海岸駅から徒歩で20分~の位置に有ります。

結構登坂できついので、徒歩は‥です。
でも行きたい方は、いけます。

あとは分散しているので、、車でないと無理ですよ~~

この松島四大観の紹介記事も、後で書いておきます。

スポンサーリンク

大高森の晩秋の写真画像のまとめ

大高森展望台のある場所は、奥松島といわれるところです。

標高は低いですが、上っていくのは、これはまた別な話。
結構坂道がきついです。

上りきると、天井が開けたような、スカッとした風景で、目に飛び込んでくる風景は絶景!

ぜひ一度、皆さん行ってみてください。

大高森展望台のあずまやの風景写真
(管理人撮影)
秋の風景も取ってあるのですが、それはまた別記事で紹介します。

この風景いかがですか~~

松島海岸の、観光地通りから見る松島海岸とは、まったく違った風景です。

これこそ・・「松島」・・・です。

船の遊覧船からは、「嵯峨渓」として紹介されるのかな‥多分。

なので、船の遊覧船も、松島観光ではとても人気です。

松島四大観を、船で巡る遊覧船は四大観を上から見れない方にとって、下から見る風景かと。

送還を下から見るとこういう風景・・写真
(管理人撮影)
松島を堪能するには、この四大観を訪れることをお勧めします。

松島四大観の、麗観の富山観音も行ってみました。

松島四大観の麗観富山観音は駐車場から徒歩何分?秋の紅葉写真紹介!

下手な写真ですが、私の個人的な趣味なので、こんな所・・そう理解してくだされば、ありがたいです~~

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る