一ノ関名物のもち料理(餅本膳)が食べれるお店三選!駅近のお勧め!

厳美渓の紅葉の写真

一ノ関はもち文化といわれるほど、餅の種類が豊富で、そのレシピは多彩です。

では、せっかく観光に来たのに、それはどこで食べさせてくれるんだ?

そういう方に、一ノ関の駅に近いお店を2店紹介します。

え?

3か所でないの?

なんですよ~~
一か所は厳美渓の道の駅なんです。
厳美渓観光に行って、お餅・・もいいかもしれません。

スポンサーリンク

一ノ関駅の、すぐ近くにあるのは

「三彩館ふじせい」

が一番近いです。
次が

「蔵元レストラン せきのいち」

です。
では場所を写真付きで紹介します。

一ノ関駅の駅地下でもち料理が食べれるお店はここだ!

上記に、もう書いてしまいましたが、3か所あります。

しかし一か所は「道の駅 厳美渓」なので、電車から降りて・・というわけにはいきません。

然し後の2か所は、大丈夫です。
駅からほぼ200~1㎞圏内かと。

ふじせいの場所とメニューと料金は?

場所の地図は下記です。

(出典元:グーグルマップより引用)

一ノ関駅の西口を出て、右に曲がっていきます。
ビジネスホテルの「東横イン」を過ぎてすぐに、左側にあります。


(管理人撮影)

駅出て何メートル?

って200mくらいかな~~そんなにあるかな?

って感じもしますが・・電車の待ち時間でも、ここなら大丈夫かと思いますよ~~


(管理人撮影)

(管理人撮影)
メニューと料金は、上記の写真によります。

「一口餅膳」

はおすすめです。
いろんな種類が食べれますからね。

料金は「1620円」のようです。

この写真は2018年の1月に、お店の前で私が撮影したものです。

駐車場は写真のように、ここから40mほど先に行ったところにあります。

「蔵元レストラン せきのいち」の場所とメニューと料金は?

ここはちょっと歩きます。

1㎞前後くらいはあるかと思います。


(出典元:グーグルマップより引用)

同じく一ノ関駅の西口を出たら、駅前の通りをどんどん歩いていきます。

信号を4つ目を右に曲がっていくと、左側にあります。

その信号の角に「コンビニ」があります。

メニューはこんな感じです。
HPで公開されています。

せきのいちレストランのメニューPDF

  • 果報餅膳:2200円
    一ノ関餅膳:1300円

この下の一ノ関餅膳あたりが、手ごろかと思います。
上の果報餅膳は、いろんな種類のお餅が入っています。

色々食してみたい方は、こちらがお勧め。

レストランの外観は下記の写真によります。


(管理人撮影)
「蔵元レストラン せきのいち」の外観です。


(管理人撮影)
入り口はこちら(上の写真の手前側が駐車場です)


(管理人撮影)

(管理人撮影)
入り口を入るとお店になっています。
この奥がレストランです。


(管理人撮影)
(レストラン内部を外から見た風景です。)

駐車場ですが、20台ほど停められるような気がしました。
普通ならば大丈夫かと。

道の駅厳美渓の場所とメニューと料金は?

読んで字のごとく、厳美渓の道の駅です。

ここでも、お餅のメニューが二つあります。

せきのいちレストランよりは、道の駅なので、かなりリーズナブルです。

依然行った時の写真がありますので、そちらを掲載しておきます。


(管理人撮影)

メニューのがそうです。
価格は表示の通りです。

和風餅セット
(管理人撮影)

実際に管理人が食べた、上記のメニューです。
一口サイズなので、とても食べやすくおいしかったです。

ただここに行くには、電車は当然ないですから、バスか車です。
車でおいでの方は、難なくお勧めです。

駐車場は広いですから。

尚位置情報やアクセスは、下記のリンクから見てください。

厳美渓の道の駅ランチメニューのおすすめは?餅と山菜キノコは絶品!

上記のリンクは、「道の駅厳美渓」について、私が行った時の内容を記事にしたものです。
参考までに・・・

スポンサーリンク

一ノ関名物のもち料理が食べられるお店三選のまとめ!

一ノ関というか、岩手県の県南の地域は、お餅が名物です。

が・・スカスダ・・

その餅を出してくれるお店は、駅の近くでは、私が知ってる限りこの

「3か所」

しかしりません。
後知らないか?

って誰に聞いても知りません。
もちろん、聞いた相手は一関の方です。

ちょっと・・ってか結構遠いですが一関市の川崎の道の駅で、食べられるという情報がありますが、行ったことがないので、わからないです。

そちらは次回、道の駅でレポートしようと思います。

仮に、他でお餅御膳を出してくれるお店があったら、かなり餅がメジャーで需要がある・・

そうなったときかと。

「三彩館ふじせい」

はずいぶん昔から、お餅で有名でした。
何度かテレビでも、確か全国版でも、芸能人が食べに来た・・そんな記憶があります。

「蔵元レストラン せきのいち」

はご覧の通りの蔵です。
実はここは「世嬉ノ一酒造」という蔵元で、この周辺が酒蔵になっているんです。

その蔵の一つをレストランにしてる、変わったレストランです。

内部の雰囲気もすごくいいですよ。

今回は中に入らなかったので、外の外観のみの写真です。
入り口から見た内部の写真のみです。

とても綺麗で、和風を感じる店内です。

お土産品もすごく充実していますよ~~

「道の駅厳美渓」

は、たまたま厳美渓に写真を撮りに行って、寄ってみたら昼時のランチタイムだったので、何食べよっかな~~

って・・なんと餅があるでねえが~~

って食べたのが、上記の写真です。

では皆さん、一関にぜひ来てくださいね~~

 

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る