SL大樹の運転日と時刻表は?予約の空席の確認方法も調べてみた!

めがね橋を走るSL銀河

2018年の今年も「SL大樹」は運行されます。
運行日(運行予定日)のカレンダーや、予約の方法や空席の確認方法などを、紹介します。

運行予定ダイヤの時刻表や駅情報も、詳しく紹介できればと思います。

SLは、北では「SL銀河」も今年も、運行されます。
SLファンには、北と南でとても楽しみなのではないでしょうか?

SL大樹は、昨年2017年8月からの運行ですが、とても大人気だった様子です。
疾走区間は

「下今市駅~鬼怒川温泉駅」

までの12.4㎞を約35分かけて走る、半世紀ぶりに復活した「SL列車」

楽しみましょう!!

スポンサーリンク


SLって聞くと、ぞくぞくする方・・多いのではないでしょうか?

なんつってもあの黒い鉄の塊が、煙をもこもこと吐きながら、車輪をリンクしながら走るさまは、これはもう圧巻です。

下の動画は関係ないですが、花巻駅で私が撮った動画です。
「SL銀河」
です。

(SL銀河のたび)

(出典元:sennin yamaokuより引用って・・私です)

SL大樹の運転日と時刻表は何時か調べてみた!

毎日運航しているわけではないですよ~~

まずは運転日の予定表です。
昨年もそうだったのですが、この色見にくいな~~って・・薄いですよね~~

でも基本土、日、休日は基本的に運行のようです。

ちょっと注意を要するのが、今年は点検のために「SL大樹」の代わりに「DL大樹」が運行するようです。

「DL大樹」って?

ディーゼル機関車のようです。
客車はそのままのようですが、SL大樹が点検期間のために、代理運行のようです。


(出典元:http://www.tobu.co.jp/sl/information/guide/より引用)

表の中で、濃いベージュ色が「DL大樹」です。
間違わないようにしてくださいね。

SL大樹運転の時刻表は?

下記の時刻表によります。

(出典元:http://www.tobu.co.jp/sl/information/guide/より引用)

ご覧の通り発車駅は

  • 「鬼怒川温泉駅」
    「下今市駅」

です。
一日各駅からの発車は「3本」のようです。

でも往復で乗れば、結構な本数というか、多くのお客さんが乗れそうですね。
これは良いと思います。

SL大樹の転車台ってなんだ?

これは方向転換する台のようですよ~~

この上にSL大樹が乗って、台がくる~~り~~と回って、方向転換するんだね。

その様子も見れるということで、この時間まで表示されてるんだと思います。

その時間にこの駅にいれば、その様子もばっちり・・ということですね。


(出典元:http://www.tobu.co.jp/sl/about/photospot/より引用)

SL大樹の予約方法と空席の確認方法は?

では、その乗るための予約の方法について、調べてみたので紹介します。

一般的には、次の三つかと思います。
昨年も紹介したのです

  • 1:ネットで予約する
    2:電話で予約する
    3:東武の駅で予約する

この三つが標準的かと。
勿論ツアー予約でセットというのもあるでしょうが、この場合は一般的に・・ということで。

1:ネットで予約する方法は?

昨年はさっぱりわからなかったのですが、今年はチョイ勉強しました。

SL大樹のネット予約はこちら

このリンク直通です。
ここでSL大樹選んでもらえれば、いいかと。
予約できないと、空席ではなかった・・そういうことかと思います。

2:電話で予約する方法は?

これ一番簡単です。

電話番号は

「03-5962-0102」
受付時間:午前8時30分〜午後7時00分 年中無休(ただし年末年始を除く)

です。
お間違いのないようにしましょう。

ここで、乗車券の予約から空席状況も調べられます。

3:東武線各駅(押上・寄居・越生駅および駅員無配置駅は除く)での予約

東武の各駅での予約が可能です。

ご自分が住んでる地域に、東武鉄道の最寄りの駅があれば、そこで直接予約が可能です。

勿論空席情報も、取れます。

これも手軽で、間違いがないですね。

4:旅行代理店での予約

一番は東武の系列の

「トップツアーズ」

ですが、他の代理店でも大丈夫のようです。
もしお近くにあれば、それを利用するのもいいかと思います。

SL大樹の運賃・乗車料金はいくら?

では次に乗車料金、運賃はいくらか調べてみましたよ~~

この「SL大樹」は全席指定のようです。

なので、空席がないと乗れません。

この座席の指定料金は

  • 「大人750円」
    「子供380円」

です。
これは、事前に購入が必要です。
まあ・・予約のようなものです。

その他に、その区間の普通の乗車券が必要になります。
これは当日乗る前の購入でもいいようです。

この料金は「下今市~鬼怒川温泉」で

「760円」

のようです。
したがって合計が大人で

「1510円」

かと思います。
子供料金はその半額かと思います。

このくらいの料金で「SL大樹」に乗れるのなら、すんごく安い感じがしますが、皆さんは如何ですか~~

スポンサーリンク

SL大樹の画像と動画と家紋がすごいと評判!

この「SL大樹」のフロントグリルの紋ですが、すごいですね。


(出典元:http://www.tobu.co.jp/sl/about/introduction/より引用)

「この紋どころが目に入らぬか?」

の、水戸黄門さまを思い出します。
さすが日光の「東照宮」といえば、神君徳川家康公の墓所。

それにちなんだ徳川家ゆかりを、彷彿させる、紋所で・・さもありなん・・という印象です。

この三つの紋は、このSL大樹の動輪というか、「車輪」を表しているんだそうです。
その上に大きな

「大樹」

の文字を重ねて・・いい紋章ですね。

(SL「大樹」試運転 東武鬼怒川線)

(出典元:下野新聞チャンネルより引用)

上の動画は、「SL大樹」の試運転の突起の様子の、動画のようですね。
上で、紹介した転車台に乗った「SL大樹」も写ってますね。

これ見てなるほど~~って思いました。

SL銀河は岩手県の花巻と釜石間のSL!

「SL大樹」について書いていながら、「SL銀河」の紹介はないだろうとは思いますが、おなじSLなので、親近感がわきます。

「SL銀河」の運行予定は下記のリンクで紹介しましたが、連休前の週あたりからですね。

SL銀河2018の運転日と時刻表は?客車の様子の写真画像のまとめ!

中々予約は、こちらは取れないようで、私も間一髪で乗った次第です。

こちらの「SL銀河」は、花巻から釜石まで、4時間以上の工程です。

花巻発が10時半ころで、釜石着が3時過ぎです。

途中遠野市で、1時間ちょっとの休憩がありますが、とても楽しいです。
同じSLなので、事情が許すなら、こちらもお勧めなので検討くださいね~~

SL大樹の運転日と時刻表のまとめ

今や空前と言っていいのかどうか、わかりませんが日本中が

「SLブーム?」

なんて思ってしまいそうです。

私が知ってるだけでも

  • 1:大井川鉄道
    2:SL大樹
    3:真岡鉄道
    4:SL銀河

鉄道に疎い私でも、このくらいは浮かんできます。

岩手県の「花巻~釜石間」を走る

「SL銀河」

には私も乗りましたが、あの迫力は満点です。

勿論「SL大樹」も同じかそれ以上かと。

古いものは捨てる・・と言うよりは、やはり古いものの良さを感じる!
まして一時代を、築いてきたテクノロジーなわけです。

当時は先端技術ですから、簡単に捨ててはいけないと思います。

あとやはりこの、黒い鉄の塊と、真っ黒な煙と音だよね~~

感動するど~~

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る