スポンサーリンク

みちのくあじさい園の入園料やカート料金と見ごろの開催期間を紹介!

猊鼻渓の舟下りの風景写真

岩手県一関市の「みちのくあじさい園」の入園料と、カート料金とカートは必要かの考察と、開催期間の紹介です。

紫陽花というと、何となく梅雨の雨の中でさみしくも気丈に咲く・・そんな私のイメージですが、行って紫陽花を鑑賞し、て写真を撮ってきたのですが、とてもきれいでした。

行って、チョト驚いたのが、カートが置いてあって、係員の方がきれいに磨いたりしてるんですが、それ何に使う?

って思ったのですが、歩いて紫陽花を鑑賞しながら、散策していて気が付いたのですが、カートは便利です。

私は知らずに歩いたのですが、これがこの紫陽花園は、なんつっても広い!!

東京ドーム3個分と言いますから、すごいです。
これ全部回ったら、結構ハードです。

スポンサーリンク

2018年7月11日に、「みちのくあじさい園」に行ってきました。

紫陽花は満開でした。
アナベルがきれいでした。

ここで覚えた品種です。

写真は下記で紹介します。

アクセスの詳しい情報はこちらです。

みちのくあじさい園の見頃とアクセスは?開花状況を写真で紹介!

みちのくあじさい園の入園料やカートは必要?

みちのくあじさい園の開催期間や、営業時間や入園料は下記です。

  • 開催期間:6月30日~7月30日
    営業時間:平日 9:00~17:00 ※入園は16:30まで
    期間中無休
    入園料:入園料:大人800円、こども400円
    カート乗車料:お一人500円(要予約)

こんな内容です。
カートは予約が必要なんですね。

入園料チケットの売り場とカートの写真は?

入園の受付窓口は下記のような写真の場所です。

ここでチケットを購入します。

みちのく紫陽花園の入園券売り場
(管理人撮影)

はいると、紫陽花模様のタオルやハンカチを売って居たり、鉢植えの紫陽花を売っていたりしてます。

紫陽花柄のハンカチやタオルの売り場
(管理人撮影)

とてもきれいです。
この紫陽花の手ぬぐいやハンカチはいいですね。
一風変わっていて、綺麗なデザインです。

ここからが散策ルートの始まりです。
東京ドーム3個分の面積と言いますから、広大です。
私も歩いたのですが、とても全部は歩ききれませんでした。

というよりは、この次に猊鼻渓の舟の時間があったので、ちょっと急ぎ足でした。

みちのく紫陽花園でのカートは必要か?

上記のようない理由で‥

そこで、急いで回るなら・・または足に自信のない方や、お年寄りの方なら頼りになるのが

「カート」

かと思います。

みちのく紫陽花園のカートの画像
(管理人撮影)

向こうに見えるのがカートですが、よくあるゴルフ場などで見るのと同タイプです。
車運転できる方なら、普通に運転できます。

ただしこのカートは、予約が必要とのことなので要注意。
もしかしたら台数に限りがあるのかもしれないですね。

みちのく紫陽花園の散策ルートと歩いて感じたこと!

散策ルートは、結構入り組んでいます。

が・・・とりあえずは、入り口から入って、そのまんま道なりに散策して問題ないかと。

みちのく紫陽花公園の散策ルートの風景写真
(管理人撮影)

このような散策の道路で、周囲に紫陽花が咲いてる風景になります。

白のアナベルや赤や青や、紫っぽい紫陽花から多様です。

とてもきれいでした。

このアナベルの群生している畑といってもいいのかな???たぶん・・

みちのく紫陽花園のアナベルの群生状況写真
(管理人撮影)

実は、品種の名前は途中の休みどころで、掃除をしていた方に聞いたのでした。

そこはいっぱい咲いていて、とても見事だから行ってみたほうがいいですよ~~~

ということでした。
確かに、きれいでした。

スポンサーリンク

みちのくあじさい園の入園料やカートのまとめ

みちのく紫陽花の開催期間は

6月30日~7月30日

の一か月間です。
この期間しか、紫陽花が咲かないのですから、これは仕方がないですね。

私が行ったのは7月11日です。

この時で満開状態で、ちょうど見ごろだったような気がします。

入園料は、上記で紹介しましたが

「大人800円、こども400円」

です。
カート料金は500円で、事前に予約が必要です。
足が悪い、お年寄りには優しいサービスかと思います。

検討ください。

なお・・・こういうのは絶好の被写体!
来てましたよ~~~バスで・・・

撮影ツアーです。
皆さんお年寄りの方でしたが、とんでもないキャノンやニコンの、フルサイズのでっかいレンズを付けた、まるでプロ仕様のカメラを手にして・・・

まるで私の老後かな~~~名て思ったりして・・・

・・・
関連リンク
みちのく紫陽花園へのアクセスで、車とバスでの生き方の紹介です。

みちのくあじさい園の見頃とアクセスは?開花状況を写真で紹介!

周辺観光なら、外せない欧州平泉の世界遺産、毛越寺の庭園。

平泉毛越寺の観光は紅葉の時期がおすすめ!見頃の時期と写真画像紹介!

みちのく紫陽花公園からは約10分の距離です。

猊鼻渓の舟下りの所要時間は?冬の風景写真(画像)も交えて紹介!

日本三大渓流の一つの猊鼻渓の舟下りです。
竿一本で舟をこぐのは、ここだけ。
他の二か所はエンジン付きの舟です。

とても風流で、いい観光です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る