Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

羅須地人協会の賢治先生の家へのアクセスと駐車場は?由来に驚いた!

猊鼻渓の舟下り終点附近の風景写真

「下ノ畑ニ居リマス」

の字で有名な、宮沢賢治の家で通称「賢治先生の家」に、行ってみてきました。
この家は、実際に宮沢賢治が住んでいた家ということで、きれいに管理されていました。

羅須地人協会の意味や由来も調べてみました。

宮沢賢治の銅像もたっていて、なんとも灌漑深いものを感じました・・・が・・ここは花巻農業高校の敷地内なんですね。

花巻農業高校が、今のこの地に引っ越す際に、実際の賢治先生の家を購入した方が、ここにこの家があった・・そんなイメージのお話のようです。

説明書きは、写真で下記に紹介しますので、参考にされてください
めぐりあわせとは、こういうことを言うのかもしれません。

スポンサーリンク

「賢治先生の家」

で、親しまれている「羅須地人協会」跡の家ですが、とても昔の家とは思えないほど、きれいでした。

勿論材料は、当時の建築材料なので、それなりに古さはあるのですが、きれいに磨かれて手入れが行き届いていました。

いいものだな~~~っておもったなあ~~

羅須地人協会の賢治先生の家へのアクセスと駐車場は?

賢治先生の家の全景写真
(管理人撮影)

まずは基本情報です。

住所

〒025-0004 岩手県花巻市葛1-68

です。
この場所は、花幕空港のすぐ隣になります。

もしカーナビで設定するなら

「羅須地人協会」

で行きます。
私の古いデミオのカーナビではそうでした。

羅須地人協会(賢治先生の家)へのアクセスは?

位置関係ですが、下記に地図を張っておきます。

東北自動車道の、花巻インターからすぐです。
距離にして3km弱です。


(グーグルマップより引用)

ホントすぐ隣が、花巻空港になります。

羅須地人協会(賢治先生の家)の駐車場は?

駐車場は、無料駐車場があります。

大きな道路を隔てた、向かい側になります。
写真で紹介しますが、こんなところです。

羅須地人協会の駐車場の写真
(管理人撮影)

10台程度は、余裕で駐車できます。
マイクロバスもここに、駐車してました。(後で2台マイクロバスが入ってきました)

なお大型バスは、入り口脇にまた別に、大型バス専用の駐車場がありました。

羅須地人協会・賢治の家大型バス専用の駐車場

ここ入り口なのですが、この看板の向こう側が、大型バスの駐車場になってるようでした。

いずれも無料です。

羅須地人協会・賢治の家の由来や意味は?

宮沢賢治は、早くに亡くなったんですね~~~

享年37歳とあります。

惜しまれる方や、優秀な方ってなんでこんなに早いんでしょうか?
石川啄木もそうですね。

「東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれてカニと戯る」

だっけか・・・昔よく好きで読んでいました・・「一握の砂」の一節かと・・

なくなる3年前に、勤務していた「花巻農学校」(現花巻農業高校を退職して、この家で羅須地人協会を設立とあります。

羅須地人協会のいわれと由来の看板
(管理人撮影)

ここが、その賢治先生の家で、ここで農村の人たちの教育の場と、多くの施策活動の場所だったといいます。

しかし元はこの家は「花巻下根子桜」という地にあったのですが、昭和11年にその地に「雨にも負けず」の碑を建てる時に、地元の農家に売却。

ところが、花巻農業高校移転の時に、驚くことに今のこの移転先の敷地内にこうして健在!

これは驚きですね。
縁が深いんだな~~って思います。

羅須地人協会とは?

宮沢賢治が、花巻農学校を退職ののちに、この家で開塾した、賢治自身の私塾の名前なんだそうな。

この私塾が活動したのは、1926年8月から翌年3月までの約7ヶ月間であった!

ということのようです。
さてその時代背景から、集まって私塾とは何事か??

ということが、この私塾が短命に終わった原因のようです。

そういう批判もあったようで、今の時代だったらどうだったでしょうか?

無理せずにもう少し、のんびり過ごしてくれたら、もっともっと、いいものを残してくれたろうなあ~~なんても思います。

皆さんはどう思いますか?

スポンサーリンク

羅須地人協会へのアクセスと駐車場のまとめ

宮沢賢治碑文
(管理人撮影)

惜しまれる方って、早く逝ってしまうんだよね~~
なんとも、そういう風になってるような気がします。

私的には、大好きだった石川啄木や、同じく詩人の中原中也もそうですね。

私の上に降る雪は‥‥

このくだりは、大好きでした‥勿論今でも・・・

こういった、宮沢賢治のゆかりの地を歩いてみると、その地で活躍したんでしょうが、どんな環境だったのか・・などを調べてみる機会になって、とても勉強になります。

宮沢賢治を知る機会になって、とてもいい場所でした。

この後、宮沢賢治記念館や、童話村や一度は行ってみたいな~~ってず~~っと前から思っていた

「イギリス海岸」

にも行ってみました。
それはまた後で紹介します。

なお、記事中の写真はすべて私が撮影したものです。

次回は、写真で賢治先生の家を紹介します。

・・・
関連リンク
この日最初に行ったのは、花巻温泉の釜淵の滝です。
とてもいい滝でした。
アクセスや写真を紹介しました。

釜淵の滝の駐車場とアクセスと場所情報を写真画像で詳しく紹介!

初夏のいいときに奥入瀬渓流に行って、遊歩道を散策してきました。

奥入瀬渓流の散策マップと所要時間は?十和田観光必須のスポット!

とてもいい時間を過ごしました。
渓流のせせらぎと、滝がすごくマッチして絶景の景色でした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る