Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鬼首のカブトムシ2018へアクセスと駐車場は?子供の夏休みにお勧め!

奥入瀬渓流の夏の風景写真

「鬼首カブトムシふれあいの森」(カブトムシ自然観察園)

の割引券を、もらったので三才の孫を連れて、リゾートパーク鬼首に行ってきました。

車でのアクセス方法のおすすめや、駐車場の情報を写真画像で紹介します。

カブトムシはたくさんいて、とても孫は喜んで、見て触って不思議な感じのようでした。

「世界の昆虫展示館」

には世界最強の「ヘラクレス」や、クワガタもいてとても興味深く見ました。
高度1100mの地点にある、カブトムシ自然観察園は、ネットで囲われていてカブトムシが、自然の中で見れて触ることもできます。

そこまで行く、キャビンの時間もとても楽しみな時間で、子供たちは下界をみて喜びそうです。

もしかしたら、あまりの高さに怖がるかも!!

スポンサーリンク

ここは鬼首スキー場で、夏の間は「リゾートパーク」として、いろんな遊具‥例えばカートや子供たちが遊べる施設や、釣り堀もあって結構楽しめます。

鬼首のカブトムシ2018の場所とのおすすめのアクセスは?

鬼首ふれあいの森・・別名カブトムシ自然観察園への、アクセスを紹介します。

でも、どうせ行くなら道中観光できるところがあるなら、それもまたいいかと。

おすすめは、鳴子ダム(荒尾ダム)を経由するルートです。
ここのダムの景色は、すごくいいですから、ここは観光していくことをお勧めします。

ではアクセス情報です。

鬼首リゾートパークへの車での行き方でおすすめのアクセスは?

具体的な地図を紹介します。


(グーグルマップより引用)

地図は古川インターからの、ルートです。


(グーグルマップより引用)

こちらがおすすめのルートです。
地図上の荒尾湖(鳴子ダム)のほとりを、なぞっていくルートになります。

鳴子温泉から、右折して橋を渡っていきます。
ほどなく鳴子ダムが見えてきます。

鳴子ダムの標識の写真
(管理人撮影)

鳴子ダムの7月の風景写真
(管理人撮影)

鳴子ダムの7月の夏の風景写真
(管理人撮影:荒雄湖鳴子ダムの風景)

と・・こんな風景です、
とても大好きなダムです。
御覧の様に今年は猛暑の影響で、雨が少ないために水が少ないです。

この地図のようにいくと下記のような入り口が見えてきます。

リゾートパーク鬼首のいる愚痴の風景写真
(管理人撮影:リゾートパーク鬼首入口の風景写真)

道はほぼ一本なので、間違うことはないかと思います。

リゾートパーク鬼首の駐車場の料金や広さや風景は?

車で行ったら、駐車場の料金や広さも気になるところかと。

駐車場は無料です。
夏の今の時期は無料でした。
冬のスキーシーズンはどうでしょうか?

無料が原則なような気がするのですが、蔵王烏帽子スキー場は、冬は駐車場の料金があるんだよね~~~
それには、今年行ったのですが驚きました。

鬼首の夏は無料です。
尚駐車場は、第一、第二があってとても広いです。

ここが、満車になるということはすごいことになりそうです。

リゾートパーク鬼首の第一駐車場の風景
(管理人撮影)

下の写真は、キャビンで山頂から降りてきた時に上から撮った写真です。

手前が、第一駐車場で上がカートのコースです、
その左側が、第二駐車場です。

リゾートパーク鬼首の駐車場の風景写真
(管理人撮影)

上から見ると、このように見えます。
何しろ1100メートルの、標高の場所から降りてきますから。

「鬼首カブトムシふれあいの森」(カブトムシ自然観察園)の風景は?

別ページで、キャビンの乗った状況写真も含めて紹介しますが、ここでは写真のみ、紹介します。

鬼首カブトムシ観察園の風景写真
(管理人撮影)

カブトムシ観察園のカブトムシの風景写真
(管理人撮影)

標高が、1100mの標識です。
さすがに、この真夏の猛暑日でも、ここは涼しかったです。

しかし、1100mですよ~~~

すごいね!!

カブトムシはたくさんいました。
子どもたちはすごい大喜びすると思います。
来てる子たちは、もう驚きでしたね。

スポンサーリンク

鬼首カブトムシ自然観察園のアクセスのまとめ

一般的には、古川インターチェンジからのアクセスが、一般的かと思い、そこからの案内でした。

おすすめのルートは、上記で示したように鳴子ダムを経由するルートです。
鳴子ダムの景色は、すごくいいです。

私は大好きなスポットです。
秋には紅葉がとてもきれいです。

「リゾートパーク鬼首」

は、夏はこういったカブトムシやさらには、子供たちが遊べるテーマパーク的な営業ですが、冬は一変して、スキー場に変化します。

ここの雪質はいいですよ~~~

鬼首は観光地です。

他には「鬼首間欠泉」もあります。
とてもダイナミックな間欠泉が、吹き上がるさまは感動します。

鬼首の間欠泉の風景写真
(管理人撮影)

鬼首の間欠泉はこんな風景です。

是非そちらも、行ってみてください。

・・・
関連リンク

鳴子峡の紅葉(2016)の見頃はいつ?時期や見所を調べてみた!

鳴子峡の紅葉はとてもきれいです。
写真を撮ってきたので、その時の内容を紹介しました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る