Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

平泉の中尊寺の見どころは?春と秋の藤原まつりは要チェック!

中尊寺の参道の月見坂の入り口

奥州平泉の、世界遺産群の中心をなすのがこの

「中尊寺」

です。
金色堂は、この中尊寺からちょと行った先になります。
その先には、野外の能楽堂(白山神社)があります。

日本の世界遺産の中では、最も観光が盛んでアクティブな場所・・そんな感じがする観光名所です。

スポンサーリンク


世界遺産と聞けば、まず一度は行ってみたい・・そんな感情を持つ方は、たくさんいらっしゃると思います。

私も、勿論そうです。
が‥しかし・・このほぼ私の地元に近い場所の、中尊寺がまさかの世界遺産になるとは、驚いたものです。

世界遺産中尊寺の総門風景
(管理人撮影)

世界遺産平泉での中尊寺の位置づけは?

世界遺産中尊寺での、位置づけはまさにその中心そのもの。

きっかけはやはり、中尊寺の敷地内のある

「金色堂」

かと。
この豪華絢爛な、金装飾を施した伽藍は、見る者を圧倒します。

これが世界遺産でなくて、なんとする・・そんな印象です。
まず見なくては、何も語れないかと。

奥州平泉世界遺産金色堂
(管理人撮影)

中尊寺の歴史

中尊寺は、毛越寺と気を同じくした「850年」(嘉祥3年)に比叡山の高層の

「慈覚大師円仁」

によって、開山されたとあります。
途中、災禍に何度も会いながら、奥州平泉の覇者

「藤原清衡公」

が長治2年(1105年)にこの関山という地に、中尊寺を建立。
その規模ですが、

寺塔400余り、禅房300余りと言いますから、すごい規模です・・・が・・

毛越寺は、その2代藤原基衡公によって、建立されましたが、そちらは3代の秀衡公にまで及んで、かくかくの数が100余り多いようです。

同じ藤原3代でも、しのぎを削って栄華を競った・・そんなことかと。

奥州平泉ってどんだけ栄えたの?

翁主婦藤原3代の、基幹での栄華は、素晴らしいものだったようです。

中尊寺境内の風景写真
(管理人撮影)
人口は、推定ですが、約

「10万人」

もいたんだそうな。
当時の日本で、人口が10万人を超えていた都市と言ったら、他には御所がある

「京都」

しかなかったそうですから、どんだけすごいか?
想像できようかと。

初代の「藤原清衡公」は、特に「京都」を意識していたようで、街の中にお~よそにつかない、住所が結構あります。

例えば「祇園」という地名があるんですよ~~

これは驚きです。それと

「大文字焼き」

此れなんかは、京都を模倣した祭りの差異たるものかと。
毎夏の盆の時期に、中尊寺の向いの「束稲山」に、「大」に文字を浮かび上がらせて焼きます。

規模は圧倒的に小さいですが・・

この「束稲山」ですが、昔は、最高の桜の名所だったようです。

中尊寺西行の歌碑の写真
(管理人撮影)

中尊寺の、東展望台のちょっと脇に、西行法師の碑が立ってます。

「ききもせず 束稲山のさくら花 よし野のほかに かかるべしとは」

吉野のほかに、こんな桜の名所があるとは、想像だにしなかった・・

なんていう思いで、この歌を詠んだ?
のかもしれないですね。

それから松尾芭蕉が、ここを訪れて詠んだ歌は

「五月雨の 降り残してや 光堂」

ですね~~
これは金色堂を見て詠んだようです。
現在の金色堂の、奥の横に松尾芭蕉の銅像が建っています。

歌碑と一緒に。

中尊寺の年間行事は?

中尊寺の年間行事は、すでに一年間決まってるようです。
毎年同じようなものですが、私が気になるというか、ここは一大イベント・・

そういうものを紹介します。

  • 1:源義経公東下り行列
    2:中尊寺薪能

大きいのはこの二つ。

1の東下りは、春の5月の大型連休の期間に行われます。
これは中尊寺の行事というよりは、奥州平泉の行事です。

随分前ですが「タッキー」の時は何と~~

「20万人越」

だったそうな。
まさに大渋滞!!

今年2017年の「源義経」の役は「横浜流星」さんだったようです。

まあ~~一年で一番の、大渋滞の期間であることは、間違いないかと。
行くときは、ぜひ電車で行くことをお勧めします。

白山神社野外能楽堂の風景
(管理人撮影)
2の薪能は、8月に開催されます。
観覧料金は、結構します。

昔は、ただの時期がありましたし、私が20代の時(数十年前)の時は確か「3000円」で見れました。

開催場所は、中尊寺奥の

「白山神社」

の野外能楽堂です。
今年、屋根ののかやぶきを吹き替えて、刷新しました。

なんで高くなった?

元々は、ここの僧侶の方が舞っていたらしいのですが、最近はやはり世界遺産で、それなりの方が舞っているからです。

観世流、喜多流・・などなど・・そりゃあ3000円では・・ちょっとですね。

大きくは

  • 「春の藤原まつり」
    「秋の藤原まつり」

として、いろんなイベントが開催されます。
当ブログで、都度紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

世界遺産中尊寺の見どころまとめ

奥州平泉の世界遺産群の中で、その中心的な存在がこの

「中尊寺」

を中心にしたエリアです。

中尊寺の秋の紅葉風景
(管理人撮影)
勿論中尊寺といえば、世界遺産平泉といえば、sの象徴は

「金色堂」

ですが、その金色堂も同じ中尊寺の敷地エリアに、存在します。

最近、秘書の方の話題が、ネットで出ていた

「瀬戸内寂聴」

さんが、出家の儀式「得度式」を行ったのがここ

「中尊寺」

です。
そしてその、瀬戸内さんの髪に剃刀を入れたのが何と~~

「今東光」

さんです。
今東光さんは、一時期この中尊寺の一番偉い方・・なんて言うんでしょうか?

「貫主」

ですね・・多分。

だったんです。
勿論、作家仲間でもあったわけですから、そういう因縁もあったんだと思いますが・・

平泉中尊寺の観光は紅葉の時期がおすすめ!見頃の時期と写真画像紹介!

さてこれから、このブログで、中尊寺はどんどん書いていこうと思います。

勿論、その季節の写真も交えていきますので、こういうところ・・こういう風景のところ・・というイメージですね。

少しでも、中尊寺観光の手助けになれば、いいかと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る