Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

加瀬沼公園の遊具の種類は?子供が遊べる様子を撮影してみた!

塩釜神社から港を見下ろす風景

モリリン加瀬沼公園の、子度たちが遊ぶ遊具を、写真で紹介します。

モリリン加瀬沼公園に、お子さんを連れていく場合は、気になるのは子供たちが遊ぶ

「遊具」

です。
実際に行って、写真を撮ってきたので、紹介します。
とても広くて、芝生が綺麗で遊びがいのあるところです。

冬だというのに、たくさんの方がいらっしてました。

スポンサーリンク

お子さん連れで、ピクニック気分で遊びに行くには、ここは最高の場所だと思いました。

幾ら走り回っても、誰にも怒られないし、文句も言われないしね~~

凧揚げしてる子もして、元気いっぱいでした!!

加瀬沼公園の遊具の種類は?

私が偶然に、ここに行ったのですが、こんな場所とはついぞ知りませんでした。

行ってみてびっくり!

利府にこんないいところがあったなんて??

そんな感想です。
とにかく広いです。

私は全部は、回ることができませんでした。

出入口が2つあるようです。
私が入ったのは

「出入口1」

の方からです。
ここから、まったく反対側の

「出入口2」

までは、結構距離にしてあります。
なので、時間がなくてそこまでは行けなかったのですが、私が見た範囲での

「遊具」

を紹介します。

加瀬沼公園の遊具の種類は?

写真で見たほうが早いですね。

加瀬沼公園の遊具の風景
(管理人撮影)
出入口1から見て、左のず~~っと向こうに見えます。
ここは普通の、ブランコや滑り台などが、あるようです。

加瀬沼公園の遊具の風景1
(管理人撮影)
向きを変えてみると、こういう風景です。
ジャングルジム風の、遊ぶための遊具もありますね。
加瀬沼公園の遊具の風景
(管理人撮影)
子供たちは、気持ちよさそうに、楽しそうに・・遊んでいましたよ~~
加瀬沼公園の遊具の風景2
(管理人撮影)

こちらの遊具は、ちょっと変わってます。
スライダー(?)って言うんでしょうか?

結構この遊具、人気です。
多くのちびっこがこれで遊んでました。

加瀬沼公園の遊具の風景3
(管理人撮影)
加瀬沼公園の遊具の風景4
(管理人撮影)

どんどん、登っていって、楚辺莉台で滑って、迷路風になって・・

え??子供とたちがいない??

いえいえ・・いないところを見計らって、写真を撮るのですから、此れもまた結構時間がかかるんですよ~~

ってことで・・
加瀬沼公園の営業時間とアクセスや遊具などを写真でまとめてみた!

加瀬沼公園の加瀬沼の風景は?

加瀬沼という、現在は灌漑用水用の沼があるのですが、その沼

「加瀬沼」

は、この公園のすぐ隣にあります。
私が行った「出入口1」からは、すぐです。

左側になります。
公園内に入って、左側に石段があって、そこを上っていくとすぐです。

加瀬沼の風景はこんな感じです。

野鳥がたくさんいました。

加瀬沼公園の加瀬沼の風景
(管理人撮影)
加瀬沼公園の加瀬沼の風景
(管理人撮影)
加瀬沼公園の加瀬沼の野鳥
(管理人撮影・チョトぼけてますが・・・)
とてもいい風景でした。
こんな都会の真ん中で、こんなに広い公園があるんですね。

しかもこんな大きな沼が・・

スポンサーリンク

加瀬沼公園の遊具の種類のまとめ

利府の真ん中に、こんなに大きな公園があるとは、全く知りませんでした。

子供たちが、遊ぶ遊具を紹介しました。

実際には、なんという遊具かはわかりませんが、一番上に紹介した遊具は、昔ながらの

  • 1:ブランコ
    2:滑り台
    3:ジャングルジム系

などなどで、ちょっと懐かしいです。

下の大きな、遊具はちょっと専門的には、なんて言うのかわかりませんでした。

でも面白そうで、子供たちには一番人気のようでした。

加瀬沼公園の凧揚げ風景
(管理人撮影)
後は、凧揚げしてる子もいて、すごく楽しそうでしたよ~~

こんな風景って、中々見れないような気がします。

電車に乗って、駅から1㎞弱で、バスも出ているようですから、皆さんにかがですか?

車なら、駐車スペースは421台で十分です。

加瀬沼公園へのアクセスで車と電車は場所的にどっちが便利?

週末は、いいパパママで、子供たちと遊びましょう!

って、我が家の娘夫婦にも言いたいのだが・・・ナカナカ・・吾輩にはキビスイ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る