Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

猊鼻渓の冬のこたつ舟に乗った感想は?鍋のサービス(有料)もお勧め!

猊鼻渓の、舟下りに行って「こたつ舟(屋形船風)」に乗って、冬の渓谷を観光してきました。

猊鼻渓の冬は、今年はそんなに雪が降らなかったので、写真を見てもらうとわかりますが、量的にはこんなものです。

舟下りの観光時間は、やく「90分」

朝一番の「9:30分」発に乗ってきました。
一番なのに、お客さんは冬にもかかわらず、ほぼ満席に近い・感じでした。

9時前についたのですが、もう車が結構止まっていて、驚きました。

スポンサーリンク


猊鼻渓の舟下りは有名です。

なんで?

登りも下りも船頭さんの、なんていうのかな・・あの棒・・櫂で行くんです。

それは、ここ猊鼻渓だけなんだそうです。
他は・・おそらくですが、登りはエンジン付きなんだそうな!

猊鼻渓のこたつ舟の写真
(管理人撮影)

猊鼻渓の冬のこたつ船に乗った感想は?

こたつ船ですが、上記に貼った画像のような船です。

定員は?

さて??多分30人くらいかと思います。
乗っていた方は、数えなかったですが、「25人前後」だったような気がします。

真中にあるのは、まさにこたつ・

とってもあったかいです。
が・・目的は、この渓谷の写真を撮りに行ったので、こたつでほっかりしてる暇はないのでした。

猊鼻渓の舟下りの写真1
(管理人撮影)
猊鼻渓の舟下りの写真2
(管理人撮影)
他の、お客さんも船頭さんの、説明に聞き入って、なかなか楽しかったです。

何が??

船頭さんのお話です。

よくもまあ・・それはプロですからお話は、よく出てきます。

船頭さんは、一艘に二名着くようですね。

前に乗る船頭さんは、案内人で説明と、下りの帰りには民謡まで歌ってくれました。

大したもんだなあ~~って思った次第です。

後ろの船頭さんは、櫂で、前に船を押していきます。

「これ一人で重いべな~~」

って思いましたね~~

猊鼻渓舟下りへのアクセスで車の行き方とバス電車の所要時間は?

こたつ舟には鍋のサービスも・料金は?

冬に、こたつ船と来たら、そこはやはり

「鍋」

その鍋の料理の提供があります。

料金は?

ズバリ「3300円」です。
と・・船頭さんが言ってました・・しかも乗船券付きで、お得だ・・と。

乗船券が大人「1600円」なので、鍋の分は

「1700円」

かな・・たぶん。
皆さん如何ですか?

但し、要予約のようです。
一人でも行けるのかどうかは、ちょっとわかりませんので、予約の時に問い合わせてみてください。

ちょうど、鍋をセットしていました。
その時の写真が下記です。

猊鼻渓の船下りの鍋
(管理人撮影)
皆さんで、セットしているようですが、どうやらこれ一艘が全部、鍋のお客さん・・多分団体さんかもしれないですね。

スポンサーリンク

猊鼻渓のこたつ舟に乗った感想のまとめ!

風流ですね~~

時間が止まってる印象を受けます。

冬の猊鼻渓ですが、こんなこたつ船なんてのもあるんですね。

猊鼻渓のこたつ船の待機状況
(管理人撮影)
暖かくっていいですよ~~

約90分の船での川下りですが、しかし最初は登っていくんです。

上流の船着き場で、いったん降りて、そこで30分ほど時間をとって、一番奥の猊鼻渓の風景での、クライマックスの場所に行きます。

猊鼻渓の奥の写真
(管理人撮影)
その場所は、上記の写真で紹介しましたが、すごくいい風景です。

寒いんでしょうね~~つららがでっかくなってました。

この川は砂鉄川と言って、その昔の奥州藤原3代の時代には

「砂金」

が取れたんだそうです。
この地域には、金鶏山や、この砂鉄川と言い、金が取れて奥州藤原氏は、お金持ちだったのかもしれません。

猊鼻渓の舟下りの所要時間は?冬の風景写真(画像)も交えて紹介!

皆さん、猊鼻渓の舟下り・・

冬でも、とても楽しめます。。如何ですか~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る