塔のへつりの営業時間と観光の所要時間は?売店やお土産売り場風景!

塔のへつりの営業時間と観光の所要時間は?売店やお土産売り場風景!

塔のへつりの紹介看板の写真

塔のへつりの観光の営業時間と、観光に要する所要時間などを、考えてみました。
売店やいろんなお土産屋さんも、出ていてにぎわっているのですが、とんでもないお土産も見つけたので、紹介します。

これは驚きました・・

基本的に、ここは「大川羽鳥県立自然公園」内の、景勝地でお国の天然記念物なので、拝観や入場や見学のための、料金は発生しません。

駐車場は、塔のへつりの上の方にあるのですが、この下の現地では多少の制限があるようなので、注意が必要のようです。

ここでは、塔のへつりの見学の風景や、売店の風景から見る、塔のへつりを見ていこうと思います。

スポンサーリンク

季節が、春の桜の季節なら、どういう風景になるんでしょうか?

それと秋の紅葉の季節も、どういう風景を私たちに見せてくれるのか、気になるところです。

特に秋の紅葉は、綺麗なようですね。

塔のへつりの上から吊り橋を眺めた風景
(管理人撮影)

塔のへつりの営業時間と所在地などの基本情報は?

塔のへつりの基本情報は下記です。

  • 所在地:〒969-5204
    福島県南会津郡下郷町弥五島下夕林5319
    TEL. 0241-69-1144(下郷町商工観光課)
  • 営業時間:見学自由で年中無休の定休日無し
  • 見学料金:無料
  • 駐車場:有料であり

こういう基本情報のようです。

営業時間の決まりはないようですが、しかし、基本、日中の営業時間だと解釈します。

四季を通して、営業しているのですが、その季節季節によって、いい風景を見せてくれると思います。

しかし・・冬の風景はどうでしょうか?

雪が多い時に、このつり橋は渡っていいのかな?

私の方の「厳美渓」でも、吊り橋があるのですが、冬季間はつり橋のみは

「クローズ」

です。

厳美渓の春の風景と桜の見頃は何時?新緑の写真画像の感想まとめ!

その地域の決めようだと思います。

お土産売り場や売店の風景は?

写真の枚数が少なくて、あんましとらなかったので、紹介できるのがないのですが、その中でもこんな風景です。

塔のへつりの売店の風景
(管理人撮影)

塔のへつりの売店の風景と入り口の風景
(管理人撮影)

お土産やランチを楽しめる、売店が並んでいます。
写真に写ってないですが、上の写真のテントの手前、右側がお土産屋さんになっています。

そして、アッと驚いたのが、上の写真で階段を下りて行ったところにあった、お土産屋さんで売ってたのがこれ?

塔のへつりの売店の風景写真
(管理人撮影)

ちょっと商品の写真はやめておきます。

これはすっぽんと並んで、元気が出ますよ~~
って、買う人いるかな???

減吊りガーデンの風景
(管理人撮影)

説明看板のあたりから、向こうに見える

「へつりガーデン」

です。
お土産品や、食事が楽しめるお店です。
大型バスが止まってるので、ツアーの方なんでしょうね。

スポンサーリンク

塔のへつりの観光に要する所要時間は?

さて何分でしょうか?

私はコーヒーを飲んだりして、結構ゆっくりしたと思うのですが、大体

「1時間強」

といった時間かと思います。
急げば、1時間は必要ないかと思います。

でも、電車の方なら時刻表に合わせますから、電車の時間が1時間にほぼ1本ですから、結構次の電車・・・となるときついような気がします。

そうなると、見学時間は40分程度になるのかな・・多分。

まあ・・それでも大丈夫かもしれません。

個人の時間の組み立て次第かと!

塔のへつりの駐車場の場所と料金は?有料か無料かと広さをチェック!

塔のへつりの営業時間と観光の所要時間のまとめ

塔のへつりの基本情報は、上記に紹介しました。

営業時間は、特に定めていないようです。
勿論、休日は無しで、年中無休での見学のようです。

ところで「塔のへつり」の

「へつり」

ってどんな意味か調べてみました。
感じで書くと難しいです・・

「 岪 」

と書くんだそうです。
意味は、この地方の方言で、川に迫った崖や急斜面のことを「へつり」というそうです。

この辺(宮城県)では、いわないな~~やっぱし!

100万年の時を経て、醸成されたこの景色楽しんでくださいね~~

皆さん、行ってみましょう!
きっと感動します!!

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る