発荷峠展望台から見た十和田湖展望の写真風景は?紅葉予測も考察!

発荷峠展望台から見た十和田湖展望の写真風景は?紅葉予測も考察!

奥入瀬渓流の春の風景

発荷峠展望台から見た、十和田湖展望の秋の紅葉は、予測するに余りある絶景かもしれません。

しかし私が行ったのは、5月30日。
初夏にはちょと早いですが、しかし紅葉シーズンは絶景を確約する風景でした。

ボンヤリと蒼くかすんだ十和田湖の風景もまたいいものでした。
その時の風景写真を、紹介しようと思います。

行先の目的は「奥入瀬渓流」なのですが、その行く途中にこんないいところがあるのは、全く知りませんでした。
調査不足でしたね。

でも結果、この発荷峠展望台で眼下の十和田湖の風景をけ出たのですから、かなり満足です。

しかし、この風景は天気次第でいかようにも変わるのでは?

峠と名がついてますが、峠とは山の頂上のような気がするのですが、そうでもなかったです。

スポンサーリンク

八田峠の位置は国道を下った先なので‥さてこの峠という名前は、やっぱし観光目的・・・かもしれませんね。

深く考えるのはやめておきます。
景色が良くて、感動がそこにあれば、名前なんざ~~~どうでもいいかな・・分!

発荷峠展望台から見た十和田湖展望の写真風景は?

ここ発荷峠の位置するところは「標高631m」と言いますから、結構な高地。
この地域では、最高の十和田湖を眺めるビューポイントという、高い評価です。

確かに、これから紹介する、写真を見れば撮った写真は下手でも、なんとなく絶景感はイメージできるかと。

  • 真下が:西湖
    右側が:中山半島
    正面:十和田湖の外輪山が連なり・・

まあ~~一言で言えば、眺望は絶景なり~~~~ですね。

発荷峠展望台からの眺望写真は?

下記です。

発荷峠の標識のある展望台
(管理人撮影)

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真1
(管理人撮影)

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真2
(管理人撮影)

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真3
(管理人撮影)

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真4
(管理人撮影)

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真5

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真6
(管理人撮影)

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真7
(管理人撮影)

とこのような風景でした。
パリッと晴れているような天気ではなく、薄くもやがかかるような、そんな風景でしたが、写真はきれいに映ったな~~って自分では、満足なのでした。(自己満足)

が・・カメラが勝手に撮っただけなので、私がやったのシャッターを押しただけなのでした~~

スポンサーリンク

発荷峠展望台からの風景社員のまとめ

発荷峠展望台の十和田湖の眺望写真8
(管理人撮影)

この日の目的は

「奥入瀬渓流」

なのですが、途中ついでなので、「小坂鉱山」の事務所跡のすんごい建物や「康楽館」も見てきました。

日本には、すごい観光資源がたくさんあるんですね~~

しかも同じ東北に。
まだまだ見ていないものが、たくさんあるんだと思います。

そこを、このブログで写真を撮って、どんどん紹介できればと思います。
次回は小坂鉱山か・・奥入瀬渓流かな~~

って、不定期ですから、気分次第で。

・・・
関連リンク

2017年に行ってきた旅行記です。

大内宿へのアクセス情報と地図やマップの位置情報や写真のまとめ!

JR花巻駅から、鉄の街釜石までの間を運行します。
勿論乗ってきたので、写真を紹介しています。
動画もあって、結構参考になるかもしれません。

SL銀河の運転日や時刻表と予約先の最新情報パンフと動画のまとめ!

奥州平泉の世界遺産の中でも、中尊寺と金色堂はやはり別格。

中尊寺金色堂観光の見どころや観光スポットは?写真まとめ!

毛越寺の大泉が池もいいですが、やはり世界遺産の目玉は

「金色堂」

かと。
ここにも年に数回は行きます。
最高の被写体なので、やっぱし写真愛好家には、外せないスポットですよね~~~

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る