Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

塔のへつり駅の時刻表と会津田島への所要時間は?名前の由来を調べた!

塔のへつり駅の時刻表と、主要な会津田島や、西若松、会津若松駅までの所要時間を調べてみました。
塔のへつりという、独特の名前の由来も調べてみました。

しかし、ここ塔のへつりの駅は、普通の駅の機能をする、一日に何本かは「AIZUマウントエクスプレス」も止まる駅です。

東京浅草方面や、反対の会津若松方面への、電車の主要な駅でもあります。

塔のへつり駅の電車の「時刻表」(時間表)と主要な駅までの・・例えば浅草までと、会津若松駅までの所要時間と、時刻表(発車時間表)などを紹介しようと思います。

観光地には、アクセス情報は必須!
しかも電車での移動なら、これは重要かと!

スポンサーリンク

「塔のへつり」に行ってきました。
この景観はどうやって作られた?

などと考えたのですが、この駅ですよ~~
すんごいレトロな感じで、驚きました。

たぶん、この観光地に合わせて作ったんでしょうね。

塔のへつり駅の時刻表と会津田島や西若松への所要時間は?

「塔のへつり駅」

の路線は、「会津鉄道」になります。

しかし、浅草から直行で東武との相乗り(?)かどうかわかりませんが、会津若松までの直行便も、あるようです。

大多数は、浅草から「会津田島駅」まで直行で、そこから会津鉄道に乗り換えます。

塔のへつり駅の夏の風景

塔のへつり駅の時刻表は?

塔のへつりの時刻表は、下記リンクによります。

塔のへつり駅の時刻表はこちら

1時間に一本程度の時間ですが、見ると解りますが、一日に数本

「AIZUマウントエクスプレス」

が走ってます。
が・・所要時間を調べてみたのですが、会津田島までなら、そんなに変わらないようです。
会津田島で、特急に乗り換えて、浅草までは一本で行きます。

会津田島駅の時刻表はこちら

  • 会津田島までの所要時間は:23分(電車の時刻表より))
    西若松までの所要時間は:35分(電車の時刻表より)
    会津若松までの所要時間は:43分(時刻表より)

*電車のタイプによって多少時間は違います。

西若松までの方が、時間がかかりますね。

しかし・・この駅のレトロ感たっぷりの、門と駅舎はなんとも言えないですね~~
この看板というか、駅の門にしばらく張り付いて見入ってしまいました。

何時からこれあるのかな~~って・・ずいぶん古そうです。

塔のへつり駅の看板標識の門
(管理人撮影)

塔のへつり駅は、すごくレトロな雰囲気で、印象がちょっと強烈でした。
この門をくぐって、駅に向かうこの雰囲気は、思わず何度も行ったり来たりしました。

何ともいいものだな~~って思った次第です。

スポンサーリンク

塔のへつりの名前の由来は?

塔のへつりの「塔」とは、どうやらこの景観にある

「岩」

のようです。

塔のへつりの岩の名前の写真
(管理人撮影)

この写真は、塔のへつりの入り口の説明看板の写真から、塔の岩の部分をカットしたものです。

この岩には、それぞれに名前がついているんですね。

屏風岩、舞台岩、烏帽子岩、護摩塔岩、像塔岩、尾形塔岩、九輪塔岩、櫓塔岩、屋形塔岩、獅子塔岩、鷹塔岩、鷲塔岩、土俵岩。

といった具合で、全部で数えてみたのですが

「13塔岩」

あるようです。
そして真中に

「虚空蔵尊」

があります。
まるでこの「虚空蔵尊」を守っているようにも見えます。

100万年の歳月をかけて、浸食されてできたこの塔の形をした、岩を称して

「塔」

という名前になったようです。

そしてこの「へつり」という言葉は、まるで川にせり出した岩や絶壁をこの地方の方言で

「へつり」「岪」

というようです。
漢字は難しいですね。

簡単に言えば、塔のように川にせり出した岩の景観!

そういった方がいいのかな・・多分!

とても、現実離れした風景で驚きました。

私が住んでる、宮城県のお隣さんの岩手県南の地域に

  • 「厳美渓」
    「猊鼻渓」

という観光地があるのですが、そちらも似たような、風景ですがしかし、やっぱし違います。

厳美渓は川の岩の、浸食ですが猊鼻渓は、切り立った岩の崖です。

せり出した「へつり」という意味では、ある種共通してるかもしれません。

然し風景は、全く別物です。

猊鼻渓の舟下りの所要時間は?冬の風景写真(画像)も交えて紹介!

塔のへつり駅の時刻表と由来のまとめ

塔のへつり駅の時刻表は、上記に紹介しました。
大体ですが、1時間に1本の割合のようです。

鉄道は「会津鉄道」です。

塔のへつりの由来も、上記に紹介しました。
参考になればうれしいです。

実は、大内宿に行く予定だったのです。
最初は、大内宿に行って見たいな~~

ということで始まった、この日の日帰り旅行なのですが、そこで

「周辺もどこか観光すんべ!」

ということで、妻と探したのが

  • 「塔のへつり」
    「湯野上温泉駅」

なのでした。
この二カ所見てから、「大内宿」に行ったのでした。

ネットで調べて、大体のことは予備知識入れていったのですが、この駅舎だけは、知りませんでした。

なぜか‥写真がないんだな~~
撮らなかったんですね。(駅舎自体)

レトロな門の写真だけは、何枚もあるんですが。

塔のへつりの営業時間と観光の所要時間は?売店やお土産売り場風景!

塔のへつりのシリーズで、旅行記ではないですが、いろんな疑問に行った感想絡めて書いてみました。

塔のへつり観光をまとめた記事はこちらです。

塔のへつりの駐車場料金と大内宿へ車の行き方とや観光写真のまとめ!

旅の参考になればうれしいです!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る