Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

銀山温泉行きボンネットバスの乗り場と時間表(時刻表)を写真で紹介!

銀山温泉の夜の風景

大石田駅から銀山温泉へ行くバス乗り場と、時刻表と乗り場の紹介です。

「大石田駅」(山形新幹線)

から、レトロな「ボンネットバス」に乗って、銀山温泉に行ってみませんか?
あの、写真でしか見ない大正ロマンを感じる、幻想的な風景は今どき見れないです!

ここでは、このボンネットバスの

  • 乗り場
    料金
    発車時刻表(時間表)
    所要時間

を紹介します。
また、銀山温泉からの帰りの「ボンネットバス」の乗り場や、時刻表も紹介します

乗ってみたのですが、中々快適で、ほぼ満席でした。
海外の方が、すごく多かったです・・驚きです。

スポンサーリンク

私が行ったのは2018年2月25日です。

いや~~この雪の量・・半端ないです。
道路わきの、除雪した雪は場所にもよりますが、優に3m以上はあろうかと。

銀山温泉の夜景の風景写真
(管理人撮影)

ボンネットバスで銀山温泉に行く方法を紹介!

銀山温泉肉方法、アクセス方法は、一般的に

  • 1:車
    2:電車
    3:バス
    4:飛行機

車はそのまんまですが、車で行く方法はまた別記事で紹介します。
飛行機でも行けますが、空港からはやはり、同じ

「はながさ交通」

さんのバスが、運行されているようです。
其れもまた別途紹介します。

電車で行く方法は、一般的には「山形新幹線」の

「大石田駅」

下車が一般的です。

なんで?

って、一番近い駅は、電車はそこまでです。

なのでその、「大石田駅」から、銀座温泉に行く方法は

  • 1:バス
    2:タクシー

の2択かと。
そこで、バスですが、一般的な通常のバスも出ていますが、やっぱしどうせ乗るなら、大正ロマンの感じ、バリバリの

「ボンネットバス」

だよね~~
これ乗らなきゃ!!

そう思って、乗ってきました。
勿論、銀山温泉の「温泉」」にも入ってきました。

ボンネットバスの発着場所と発着時間表は?

ボンネットバスの外観ですが、こんな感じです。
いいですね~~

大石田駅のボンネットバス発着所
(管理人撮影:左の風景が山形新幹線の大石田駅)

これ乗らないで・・なんとする!・・ですよ私の場合は。

大石田駅のボンネットバスの乗り場と発車時刻表は?

写真で紹介します。
大石田駅は、出口は一方向のみのようです。

大石田駅のボンネットバスの写真
(管理人撮影:奥が大石田駅)

その駅出て、左側に大きな広場があって、そこの一角がバス乗り場です。

こんなところです。
時刻表です。

大石田駅のバスのボンネットバス乗り場風景
(管理人撮影)

大石田駅のバスのボンネットバス乗り場風景と発車時刻表
(管理人撮影)

ほぼ、1時間に一本。
そんな感じかと。
一本無い時間帯もありますが、ほぼということで。

ここから乗って、時間的に道路状況にもよりますが約

「30分」

位です。
時刻表よりも、なんか早いな~~って思ったのですが、まあ・・それはそれで・・

このボンネットバス一台で、往復運転しているようです。
但し、どうやら時間帯によっては、通常のデザインのバスと入れ替わる、そんな時間帯があるようです。

運転手さんの、休憩かなんかだろうか?

銀山温泉ののボンネットバスの発着乗り場と時刻表(時間表)は?

私はいったのは、冬の真っ盛りですから、こんな風景です。
すんごい雪の量で、驚きました。

銀山温泉のボンネットバスの写真風景
(管理人撮影)

バスの、運行時間表が、雪で埋もれそうでした。

銀山温泉のボンネットバスの時刻表
(管理人撮影)

ここから乗るのも、ほぼ満席。
皆さん利用されるんですね~~

驚きました。

銀山温泉のボンネットバスの風景写真
(管理人撮影)

銀山温泉の冬の観光を日帰りで行った感想は?アクセスおすすめ方法!

ボンネットバスの運賃・乗車料金は?

大石田駅 → 銀山温泉

までの料金は、片道で

「710円」

です。
行きと帰りで、都合「1420円」です。

この料金で、このレトロなバスに乗れるんですから、良心的かと。
乗り心地も、悪くはないですよ。

銀山温泉ボンネットバスの車内風景
(管理人撮影:ほぼ満席でした)

驚いたことには、周辺が3m近い雪の壁なのに、道路には全く雪がない・・

なんで??

ってこんな仕掛けが・・
なるほど~~~と。

銀山温泉の道路散水栓の写真
(管理人撮影)

銀山温泉の道路散水栓の写真
(管理人撮影:道路真中の散水栓)

此れじゃあ雪は溶けるよね!

皆さん・・銀山温泉行くなら、このボンネットバスに乗ってみませんか?

スポンサーリンク

銀山温泉のボンネットバスのまとめ

私が住んでるのは、宮城県で、銀山温泉がある「山形県」の尾花沢市は、隣になります。

多少の雪はびっくりはしないのですが、久しぶりにこの雪の量に会いました。

ここって、こんなに雪が降ったかな~~
って思った次第です。

私が住んでる地域も、宮城県では僻地の山奥!

でもせいぜい、畑にある雪の量は50㎝くらいがいいところ!

5㎞ほど行くと、もう雪がないとおんなじです。

なんでこんなに雪が多い?

今年だけ?

かもしれないな~~こんなに降る地域ではないと思う!
まあ・・驚きました。

銀山温泉のランチのおすすめのお店は?昭和館の夜のガス灯が幻想的!

家を出たのが11時ころ。

鳴子温泉の47号線を通って、途中から赤倉温泉を経由。

2時間程度で着きました。

銀山温泉の日中の風景写真
(管理人撮影)

着いたら、すぐに目についたのこの

「ボンネットバス」

「すいませ~~ン・何時発車ですか~~」

「あと2分だよ・・のるのかえ?」

「トイレするからチョイ待って・・ところでこの辺トイレない?」

「お客さんここそんなものはないよ・・下まで行かないと・・」

「あ~~じゃ・・我慢する」

小用を我慢して乗った。
「710円」はらって。

大石田駅まで乗って、駅を見て帰ってきました。

何しに大石田駅まで??
ってこのバス乗ってみたかったんです!!

ただそれだけ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る