Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

銀山温泉の冬の観光を日帰りで行った感想は?アクセスおすすめ方法!

銀山温泉の夜の風景

銀山温泉の日帰り観光で、私が行ったアクセスルートと、日中と夜間の「銀山温泉」の、大正ロマンを感じさせる写真を紹介します。

銀山温泉に、日帰りで観光で行ってきました。

感想は?

記事内に貼った写真を、見てもらえれば歴然かと。
私は宮城県側から、国道47号線で、鳴子温泉を経由するルートで、行ってきました。
そのルート上の風景も併せて、紹介しますが、何せ季節は2月の冬まっさかりです。

その雪の量たるや・・半端ないです。
尾花沢市って、こんなに雪多かったっけ?

確かに以前米沢に、冬に車で仕事で行ったことがあるのですが、その時も半端なかったですが、今回の量から比べればかわいいもんかと!

スポンサーリンク


私は宮城県在住で、今の時期は雪が多いので、多い地域に行くのはちょっと、億劫になります。

でも冬ならでは、絶景の風景って、やっぱしあるんですよね~~

「銀山温泉」

はまさにそんな、所だと私は思った次第です。

尾花沢市の雪の状況
(管理人撮影)

銀山温泉の冬の観光を日帰りで行った感想は?

鳴子までは、雪は少々。
赤倉温泉に入ったとたんい雪は、1mを超えて・・・

尾花沢市に入ったら、雪は3mオーバー?
少なくとも道路わきは、それ以上あるような気がしました。

銀山温泉についたら、ボンネットバスが出発するところでした。

飛び乗って「新幹線の大石田駅」まで。
料金は「710円」です。

このバスにも乗ってみたいな~~って思っていたので、すごいラッキーでした。

銀山温泉のボンネットバスの写真風景
(管理人撮影)
とんぼ返りで、銀山温泉のまずは写真を撮りまくりました。

こんな感じの風景です。

銀山温泉の日中の風景写真
(管理人撮影)
銀山温泉の日中の風景写真
(管理人撮影)
銀山温泉の日中の風景写真
(管理人撮影)
銀山温泉の日中の風景写真
(管理人撮影)

何しろ、目的はあの大正ロマンを感じさせる、夜の「銀山温泉」

日中の写真を撮っていたら、寄るまで時間が結構あるんだな~~

そこで土産物屋さんへ・

そこで食べた、「銀山饅頭」がおいしかった。

そこで・・ここは温泉だ・・
温泉入らねば・・

しかし、数件見たらこの両サイドの旅館では「日帰り入浴」はやってないようです。

あきらめていたら、

「しろがね湯」

なるものを発見!
ここは、地元の方も入る共同浴場のようです。

公衆浴場しろがね湯の風景

5時以降は、ダメなようなので、ちょうどよかった・・まだ5時前だ~~

  • 入浴料金は「500円」です。
    タオルは「200円」です。

狭いですが(定員は6人とのこと)、いい温泉でした。
お湯の温度は最初熱かったのですが、ちょっと入ったら全然熱くなくなって、かえってぬるさを感じたり・・

温泉だな~~って感じた次第です。

待合所らしきところで、コーヒー飲んで夜を待ちます。

キタ~~~~~~夜だ~~~~

って・・この時間を目指して、くるわくるわ・・私のようなカメラマンが・・
でっかいカメラと三脚担いで・・

銀山温泉の夜の風景写真
(管理人撮影)
銀山温泉の夜の風景写真
(管理人撮影)
銀山温泉の夜の風景写真
(管理人撮影)
銀山温泉の夜の風景写真
(管理人撮影)
銀山温泉の夜の風景写真
夜景をとっていると、いつも思うのですが、ホワイトバランスの設定で、上記のように変わるのですが、どれがいいのかな~~って。

どちらもキレイっちゃあ・・綺麗なのですが。
それと、やっぱし三脚は必須ですね。

ISOをあげて、手持ちで撮影したのですが、無理があるように思いました。

カメラはオリンパスの

「OMD-M5mark2」

です。

*観光客の方が切れるまで粘りました~~

銀山温泉のしろがね湯の感想とお土産のおすすめは?風景写真は絶景!

銀山温泉へのアクセスのおすすめは?

銀山温泉に、行く方法は下記のルートが一般的かと思います。

  • 1:車で行く
    2:大石田まで新幹線ののちバスかタクシー
    3:山形空港からのバスルート
    4:観光ツアー

と行ったことが考えられるかと。
ここでは、1と2について紹介します。

銀山温泉に車で行く方法は?

車で行く方法は、大きく分けて3ルートあると思います。

  • 1:鳴子温泉経由のルート
    2:宮城県加美町から小野田を通る国道347号線ルート
    3:山形県側国道13号線からのルート

ただし、今は冬です。
2の小野田を通るルートは、推奨しません。

多分ここは宮城県と、山形県の峠越えの区間は、冬季間は閉鎖かもしれません。
とても寂しいルートで、冬の間は推奨しません。

夏でも、何度か通りましたが、すごい峠のルートです。
雪道は危険かと。

なので今の時期なら、宮城県からなら「1の国道47号線を通るルート」が推奨です。

地図は下記です。


(グーグルマップより引用)

東北自動車道の古川ICで降りて、一路47号線で鳴子方面へ。

*時間は、鳴子から約1時間弱で、行きました。

3の国道13号線を通るルート

こちらは尾花沢市からのルートですが、わかりやすいです。

山形自動車道も、途中まで通ってますから、わかりやすいかと思います。


(グーグルマップより引用)

新幹線大石田駅の近くも、13号線が走ってます。
そこからのルートの地図を張っておきます。
これはバスルートでもあります。

スポンサーリンク

銀山温泉の冬の観光のまとめ

私が、「銀山温泉」に行ったのは「2月25日」です。
冬はまさに、真っ盛り!

道路の、道中の風景は上記に貼った、写真のようです。

銀山温泉のランチのおすすめのお店は?昭和館の夜のガス灯が幻想的!

然し尾花沢市に入ったら、道路にはないんだな~~

なんで?

これです。
道路のセンターに、散水栓があってその水で、雪を常時溶かしているんですね。

銀山温泉の道路散水栓の写真
(管理人撮影)
銀山温泉の道路散水栓の写真
(管理人撮影)

然し道路わきは、3m越えもあろうかという、雪の壁!

こんな雪の壁は、5月の連休前後に「栗駒山」の山開きが、行われますがその時に、「いわかがみ平」までの、道中に見られる雪の壁!

それに匹敵します。
驚きました・・

スカスだ・・

驚いたのは、やっぱし銀山温泉!

この風景には本当に脱帽です。

銀山温泉行きボンネットバスの乗り場と時間表(時刻表)を写真で紹介!

よ~~くこの時代のものが、こんな形で残っていたな~~
って思うことしきりです。

冬の季節には、冬の季節での良さが、あるんだと思います。

今度は、春の季節に来ようと思います。

その時にはまた、この「銀山温泉」の春の特集をしようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る