Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

平泉中尊寺と毛越寺のコインロッカーの場所は?駅以外でも重宝!

中尊寺白山神社の風景写真

世界遺産「奥州平泉」の観光で、「中尊寺」「金色堂」「毛越寺」は人気のスポットです。

旅行や、観光にいらっしゃる一般の方なら、電車で着て邪魔になるのが荷物。

一旦・・どこかに置きたいが・・・
そんなときの、便利なのが「コインロッカー」です。

じつは、平泉の駅にもあるのですが、それ以外にも「中尊寺」と「毛越寺」にもあるんです。

場所と料金を紹介します。
ちなみに毛越寺は無料です。

スポンサーリンク

世界遺産の中尊寺や、毛越寺には・・

冬でも結構な人数の方が、観光に来られています。
しかも、他のお国からの団体旅行の方も多いので、驚きます・・冬にですよ~~

勿論、それ以外にも個人の方や、ご夫婦の方やお若い方の観光も、引きも切れません。

ではそのコインロッカーの場所を写真で紹介していきます。

平泉中尊寺と毛越寺のコインロッカーの場所は?

では、コインロッカーの場所を紹介していきます。

概ね3か所かと思います。
これ以外にあるかな?

私は何度も、中尊寺や毛越寺ほかの平泉の観光地にも、写真を撮りに行ったりしていますが、この3か所以外には、知りませんが・・

とりあえず3か所紹介します。

1:駅のコインロッカー

東北本線の、「平泉駅」のコインロッカーです。
駅を正面に見て、左側になります。

トイレのすぐ隣になります。

写真は下記のようです。
平泉駅のコインロッカーの場所
(管理人撮影)
平泉駅のコインロッカー
(管理人撮影)
平泉駅のコインロッカーの全景
(管理人撮影)

料金は、コインロッカーの大きさによって、違います。
300円、500円、600円の3種類のようです。

自分の荷物の大きさに、併せて使用ください。

2:中尊寺月見坂向いのコインロッカー

中尊寺の、月見坂の入り口とは、道路を隔てた向かいにあります。

ちょうど「タクシー乗り場」があるのですが、その向いになります。
そこに、上記ヘッダー写真の「武蔵坊弁慶の墓」があるのですが、その墓の向い側のプレハブ上の建て物内になります。

料金は200円の表示です。
タクシー乗り場か、武蔵坊弁慶の墓のところに行けば、すぐにわかります。

写真はこんな感じの場所です。
中尊寺のコインロッカーの全景
(管理人撮影)
中尊寺のコインロッカーの種類
(管理人撮影)
中尊寺のコインロッカー
(管理人撮影)
中尊寺のコインロッカーの料金表示
(管理人撮影)

3:毛越寺の敷地内のコインロッカー

ここのコインロッカーは、毛越寺の敷地内にあります。

毛越寺の大手門で、入場料を支払って、中に入りすぐに左側の建物を目指します。

門をくぐってから、ほんの20~30mくらいかと。

その建物(毛越寺宝物殿)の下の奥になります。

料金は、無料です。

但し、利用時に100円が必要です。
荷物を出す時に、その100円が戻ってきます。

なので無料なんですね~~

毛越寺のコインロッカーの場所の風景
(管理人撮影)
毛越寺のコインロッカーの全景
(管理人撮影)
毛越寺のコインロッカーの料金表示
(管理人撮影)
場所の写真はこんなところです。
奥まったところなのですが、すぐにわかるかと思います

*料金は2018年2月の時点での表示です。
改定された場合は、御容赦ください。

スポンサーリンク

平泉中尊寺と毛越寺のコインロッカーの場所のまとめ

コインロッカーは、荷物を一時期預けて身軽になれる、すごく便利なものです。
私も以前、よく仕事で出張の際は利用していました。

観光となれば、土産屋スーツケースなどで、結構がさばるものです。

適度に利用してもらえれば…と。

お得な情報ですが、平泉駅でレンタサイクルを利用すると、そこで無料で荷物を預かってくれます。

レンタサイクルは、2か所あるのですが、さてそのどちらか…です。

平泉のレンタサイクルの場所と料金は?手荷物預かり無料サービス付!

もし、レンタサイクルを借りる予定のある方は、コインロッカーに荷物を収める前に、最初に確認ください。

「奥州平泉」

は世界遺産に登録された、観光地です。
私は隣の宮城県在住ですが、以前からこの地が好きで、何度も行ってます。

毛越寺桜の開花予想と見頃の時期は?観光の感想と庭園の写真まとめ!

それこそ、40年以上も前から・・

この月見坂を、ゆったりと進んで歩くのが、大好きでしたし、今もそうです。

皆さんぜひ、奥州平泉の観光、楽しんでください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る