Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

松島駅のコインロッカーの場所とサイズと料金は?駅周辺写真を紹介!

円通院のっ気の庭園の写真風景

松島駅のコインロッカーの写真と、駅周辺の写真を撮ってきたので紹介します。

松島の観光には、松島海岸駅がお勧めなのですが、JRの東北本線で県北方面や、小牛田鳴子方面からなら、この松島駅から松島の観光に向かう方も多そうです。

徒歩の行程も一本道なので、すごくわかりやすいです。

実際人気のスポットの「五大堂」までなら、グーグルマップでは約

「1.5km」弱ほど。

歩いて20分かからない距離です。
実際にはその手前、1kmあたりから松島の観光ができますから、JR利用の方はわざわざ仙石線に、乗り換えることもなさそうです。

でもタクシーなら、1kmくらいなのでもしかしたら最適区間で行くかもしれないですね!(想像です)
でも相乗りなら、こっちのほうがいいかもしれません。

すると、コインロッカーって荷物預けるには便利かと!

スポンサーリンク

コインロッカーは、手荷物を一時的に預けるには、とても便利です。
でも、どこにあるのかわからないと、これはちょっと不便!

なので、写真を撮ってきたので、場所と料金を写真で紹介します。

松島駅のコンビニとコインロッカーの場所は?

ここでは、コインロッカーの場所とサイズと料金を、写真で紹介します。

併せて、次には松島駅周辺の写真を紹介します。

松島駅のコインロッカーの場所とサイズと料金は?

松島駅のコインロッカーの場所は、駅中の改札手前の右側にあります。

すぐにわかります。
写真は下に紹介します。

JR東北本線松島駅のコインロッカーの風景写真
(管理人撮影)

JR東北本線松島駅のコインロッカーの大きさや料金の写真
(管理人撮影)

御覧のようです。
料金は、写真の通りですが、一応

  • 小:400円
    大:600円

仮に小と大にしましたが、大きさは2種類です。
駅をぐるりと、回ってみたのですが、コインロッカーはここしかなさそうでした。

もし電車にのってきたのなら、改札出てすぐの左側になります。

松島駅周辺の写真を紹介!

松島駅って、どんなところ?

初めての方ならそう思うかもしれません
私も、実は初めてこの駅に降りたんです。

いつもは松島海岸駅から、松島の観光に行くのですが、今回は趣向を変えてみました。

駅の出口ですが改札の風景です。

松島駅の改札の風景写真
(管理人撮影)

駅の全景はこんな風景です。

松島駅の全景写真
(管理人撮影)

駅から向こうを見てみます。

松島駅から正面を望んだ風景写真
(管理人撮影)

ここの通りをまっすぐに行って、月当たりの信号を右に歩いていくと、松島海岸通りにつきます。

一番最初は、伊達政宗歴史観や、さかな市場になります。

私の大好きな福浦橋も、すぐ向かいにあります。

時間がある方は、ここを歩いてみるのもいいかと思います。

スポンサーリンク

松島駅のコインロッカーと周辺風景のまとめ

よくここの松島駅を、松島海岸駅と間違う方がいるようです。

  • 1:JR東北本線松島駅
    2:JR仙石線松島海岸駅

という名称で、違うんですよ~~
勿論、仙台からの乗り場も違いますから、この二つの路線が交わるところは、無いんだな~~~残念ながら。

仙台が起点です。
ここの乗り場が違うのですが、宮城県の県北で、例えば鳴子方面の観光で、小牛田を経由した方などは、仙台行きはこの路線を使用するようです。

すると、松島の観光なら、ここ松島駅になりんです。

まさか、仙台まで行ってまた戻ってくる・・・これは時間の無駄のようです。

15~20分なら歩くか、タクシーの料金最低区間乗ったほうが、いいような気がします。

お好みですね。

松島は、大好きなところで、一年に何度も行きます。

ここほど、シャッターチャンスに恵まれてるところも、無いかと思います。

これから秋に向かっていきますが、ますますドキドキしてきます!!

・・・・
関連リンク

人気のスポットですが、五大堂の写真を紹介しました。

五大堂の拝観料金やすかし橋の写真画像の紹介!松島湾の写真も!

円通院の、梅雨時の苔の庭園の写真を撮ってきました。
とてもいい風景でした。

円通院の縁結びこけしの効果は?苔の庭園がきれいな夏の風景写真!

松島の観光を楽しんでください。
とてもいいところですよ~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る