Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

兼六園の入り口風景や拝観料金と見所は?所要時間も事前チェック!

金沢城の門の風景

兼六園の見どころと、入園(拝観)料金や、料金所の入り口や風景を写真で紹介します。
私が行った時の、所要時間というか滞在時間や、ルートも取ってきた写真をもとに、紹介できればと思います。

兼六園の散策は、霞ヶ池を中心に唐崎松やことじ灯籠は、ここのシンボル的な存在かと・・とても感動する時間でした。

私は、金沢駅からのアクセスは、バスで行ったのですが、周遊バス(乗り降り自由)は、お得で便利です。

兼六園の観光は、旅行好きなら金沢ではまさに定番の、観光場所。
金沢城と、観光の目玉の両輪ですよね~~

あとで知ったのですが「六勝」というのがあるんですね。
なんと~~ちゃんと調べてから行くんだった!

スポンサーリンク

事前に調べていかないと、やっぱし見落とすことが多々ありますね。
特に今回は、残念です。

金沢には、とてもしょっちゅうはいけませんし、何しろここは宮城県で遠い!

皆さん、観光はきちんと調べてから行きましょう!

兼六園の料金所の風景と拝観料金は?

私は、アクセスを紹介する記事でも、紹介したのですがバスで兼六園下まで行って、紺屋坂を上って

「桂坂料金所」

から入りました。
そこと反対側に、「隋身坂料金所」から入るルートもあるようです。
そちらの写真も、撮ってきたので紹介します。

桂坂料金所から入るルートと料金はいくら?

料金所の入り口の風景です。

兼六園桂坂入り口の風景写真
(管理人撮影:桂坂入り口)

料金所の写真は下のような外観です。
なんとも、古くて味がある建物です。

兼六園の桂坂料金所の風景
(管理人撮影)

入園料金は下記のようになってるようです。

兼六園の入園料金の写真
(管理人撮影)

  • 1:大人:310円:250円(30名以上の団体):18歳以上
    2:小人:100円:80円(30営以上の団体):6歳以上18歳未満
    3:入園可能時間(営業):AM8:00~PM17:00
    4:65歳以上の方は無料のようですが、制約があるようなので窓口で問い合わせください。

とこんな、内容の料金です。
私が買った拝観券はこちら。

兼六園拝観入場券の写真
(管理人撮影)

隋身坂料金所の風景写真

こちらは、桂坂料金所の全く反対側になります。
料金所の風景は下の写真です。

隋身坂料金所の風景写真
(管理人撮影:隋身坂料金所)

こちらの料金所は、時間がそろそろの時間だったせいも、あるのかもしれませんが、ほとんど人通りがありませんでした。

やはり、皆さん金沢城の見学も兼ねるせいか、桂坂料金所を利用される方が、圧倒的に多いのかな~~という印象を受けました。

すぐ近くに「成巽閣(せいそんかく)」というのがあったので、入ってみようと思ったら、ぎりぎりで時間が間に合わず、残念でした。

こちらから入る方は、兼六園を突っ切って見学して、金沢城址公園に行くルートを選択する方ですね‥多分。

でも、もしかしたら別な意図もあるかもしれませんが?

兼六園の見どころと所要時間は?

兼六園の見どころといえば、日本三大庭園といわれる、霞ヶ池を中心にした周辺が、一番の見どころかと思います。

私は、なにも調べないで行ったので、かなりの部分を見逃してきてしまいました。

もともとが、観光目的ではなったので、仕方がないですね。
次回からは、しっかりと下調べしてから、観光するようにします。

でもその中でも、やっぱし

「霞ヶ池」

この周辺は最高のスポットです。
ここを一周しただけでも、見ごたえがあると思います。

兼六園の見どころはどこだ?

1:唐崎松

兼六園の唐崎松の風景写真
(管理人撮影)

2:霞ヶ池

兼六園の霞ヶ池の風景写真
(管理人撮影)

3:内橋亭

霞ヶ池の内橋亭の風景写真
(管理人撮影)

4:霞ヶ池・徽軫灯籠(ことじとうろう)

霞ヶ池・徽軫灯籠(ことじとうろう)の風景写真
(管理人撮影)

などなど・・・

まだまだいろんな風景がるのですが、この時の兼六園の風景写真は、まとめ写真紹介の記事で紹介します。

滞在時間ですが、私はほぼ一周しました。1時間半以上ここに、いたと思います。
金沢城址公園もそのくらいいましたので、ほぼ3時間~4時間くらいの時間・・両方かけてみたと思います。

スポンサーリンク

兼六園の入園場所の風景と料金のまとめ

いろんな見所が、あとで調べたらあるんですね。
多分その辺も通過して、散策してきたのですが、気に留めないどスルーしてきたんだと思います。

例えば「眺望台」ですが、ここはもちろん、唐崎松のすぐ隣にあるので、見てきました。
でも、写真撮ろうかと思ったのですが、なぜか撮らずに来てしまいました。

特に、なんてことない風景で、風景も金沢の街並みが向こうにかすんで、うたい文句の向こうに見える山の稜線も見えず。

何も感じないまま、通過してきただけなのですが、ここも見どころになってるんだよね~~マップでは。

以外と、そういうところって多いんだよね~~っても思います・・いろいろあっちこっち歩いていると。
でもその時の環境で、入った6月10月の紅葉の空気の澄んでるときの、風景って全く別物かもしれません。

しかしながら・・・この

「霞ヶ池」

はいいですね。
私の近所の世界遺産奥州平泉の「毛越寺」の大泉ヶ池の庭園のようです。

毛越寺初夏の風景写真の画像
(管理人撮影)

優劣って、つけるものでは無いような気がしますが、こちらも大好きな場所です。

兼六園、いいところですね。
また行ってみたいです。
・・・
関連リンク
隣接する金沢城址公園の、三御門の風景は圧倒的でした。
すごいです。
写真を撮ってきたので紹介しました。

金沢城の見どころは石垣や三御門の観光がお勧め!歴史を感じる風景!

兼六園へのアクセスで、バスと車での方法を紹介しました。

兼六園へアクセスでバスと車の行き方は?駐車場の場所と料金も重要!

金沢駅の鼓門はすごいですね。

金沢駅構内図で見る待ち合わせ場所のおすすめは?写真で東西口紹介!

金沢駅での待ち合わせ場所の紹介してみました。
駅を象徴する、門があるので東西口に関しても、わかりやすいですね。

次回は、兼六園の写真を撮ってきたので紹介しようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る