Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

高館義経堂の拝観料金と所要時間は?お堂の写真と料金所の写真紹介!

猊鼻渓舟下りの初夏の風景写真

高館義経堂の、拝観料金と料金所の風景と、見学に要する所要時間を紹介します。
また、実際の義経堂の写真や、そこから見下ろした衣川の風景を、写真で紹介します。

高館義経堂は、源義経と武蔵坊弁慶が、最後を迎えた地で、NHKの大河ドラマでも、まさにクライマックスの場面です。

何度か見てますが、この最後の武蔵坊弁慶の仁王立ちは、とくに有名な場面かと。

何度か行ってるのですが、行ってみるとやっぱしちょっと、華々しいというよりは寂しい印象のほうが強いです。

でも・・歴史好きな方には、この場所は奥州平泉の中では欠かせない場所なんだと思います。

武蔵坊弁慶の墓は、中尊寺の月見坂の入り口の下にあります。

スポンサーリンク

明と暗という、そんな言葉がありますが、中尊寺金色堂はどうしても、華々しい印象の栄華を感じます。

半面、歴史的に一世を風靡した英雄の最期を迎えた場所は、なんとも悲しい印象を感じます。、

この差が、後世にはどう伝わったのか?

そんなことを、ちょっと考えてみたりしました。

高館義経堂の拝観料金と所要時間は?

まずは料金所というか、入り口の風景です。

高館義経堂の料金所の風景写真
(管理人撮影)

拝観料金の案内板です。

高館義経堂の料金の案内表示の写真
(管理人撮影)

料金ですが、まとめるまでもないですが

  • 大人(高校生以上):300円
    小人(中学生以下):50円

と書かれています。
3年前の料金を確認してみたのですが、同じでした。

・・・・・・・・・
関連記事
平泉観光でのお土産品のおすすめです。
夫婦碗はいかがですか?

平泉のお土産でおすすめは秀衡塗の夫婦碗!購入先と価格を調べた!

平泉の観光で毛越寺の庭園は人気のスポットです。

平泉観光で毛越寺庭園はおすすめスポット!夏の大泉ヶ池の風景写真!

是非、この庭園の美しさを見てほしいと思います。
・・・・・・・・・・

高館義経堂の写真画像とそこからの風景写真!

高館義経堂の、拝観券売り場の横の、石段を上がっていきます。

高館義経堂の入り口の石段の風景写真

上に上がると、お堂が上のほうにあります。
その手前には資料館があります。

高館義経堂の資料館の風景写真
(管理人撮影)

高館義経堂のお堂の風景写真
(管理人撮影)

高館義経堂から見た衣川の風景写真
(管理人撮影)

こんな風景です。
ぜひ行ってみてください。

写真で見るよりは、見下ろした衣川平野の景色がきれいです。

他には、芭蕉の句碑があります。

スポンサーリンク

高館義経堂の拝観料金他のまとめ

高館義経堂の拝観料金や、見学に要する所要時間や実際のお堂や料金所の、写真を紹介しました。

平泉の中尊寺や、毛越寺などの他の施設と比較して、華やかさがない分、ちょっと悲しい気分になったな~~~

私のそれが率直な感想です。
歴史の、悲哀というか兄弟でのトラブルの、終末がこの地だったわけです。

それに、奥州藤原氏の当時のお殿様の裏切りという、愛憎劇や、さらにはそのまた裏をかくような、裏切りの連続でこの源頼朝の、奥州藤原氏の平定は完了したんだな・・・多分。

高館義経堂へのアクセスは、車やバスでもいいのですが、晴れた日はレンタサイクルがとても便利です
荷物は、そこで無料で預かってくれるので、なおさらいいですね。

コインロッカー代が節約できます。

平泉のレンタサイクルの場所と料金は?手荷物預かり無料サービス付!

最近、見て驚いたのですが、料金同じで時間が1時間延長されてました。
実質の値下げのようです。

平泉駅からなら、私の感じでは1km程度ではないかな~~と思います。
その向かいが、中尊寺になります。
中尊寺までは、踏切わたって4号線渡ればすぐです

その中尊寺の入り口の月見坂の下のほうの、バス停のわきに

「弁慶の墓」

があります。
是非、手を合わせてくださいね!

平泉中尊寺の晩秋の観光の見どころを写真で紹介!弁慶の墓の画像も!

世界遺産応手平泉は、歴史的な建造物はたくさんある、すごく見ごたえのあるところです。

しかし、高館義経堂のような、歴史の背景を考えながら、観光してみるとまた違った印象になるかもしれません。

是非奥州平泉に来て観光してください!
とてもいいところですよ~~~~~

*一番上のヘッダーの写真は、猊鼻渓舟下りの写真です。
雨が降っていたので、レンズに雨マークの点がついてしまいました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る