Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

くりこま高原駅からの紅葉バスのおすすめ観光ルート写真で紹介!

厳美渓の初夏の緑の風景写真

JR石越駅と、新幹線くりこま高原駅から、紅葉の時期限定の臨時のバス「紅葉バス」が運行されます。

時刻や運賃や運行予定日などは、別記事で紹介しましたが、ここでは行った先での観光のおすすめルートを、紹介します。

紅葉をじっくりみる派と、紅葉も愛でてみたいが、どうせなら温泉もしっかりと入って、日ごろの疲れを癒したい!

・・癒すまでの時間はなさそうですが、とりあえず温泉も!
このチラシのルートにない、温泉もあるので紹介します。

実はそこは温泉の、一番のおすすめなのです。
源泉かけ流しの、硫黄のにおいがプンプンする、湯の花もちらほら・・って放っておくと、この湯の花の清掃が大変だそうですが・・

スポンサーリンク

紅葉バスの発車はそれぞれ

  • 石越駅:8時35分
    くりこま高原駅:9:00分
  • いわかがみ平到着:10:05分

です。
いわかがみ平発が

  • 1:13:30分
    2:15;00分

ですが、この時間をどう過ごしますか?
ちょっとしたパターンを、自分なりに考えてみたので、以下に紹介します。

栗駒山の紅葉の風景写真
(管理人撮影)

栗駒山の紅葉バスの観光ルートのおすすめ3パターン!

いくつもあっても、混乱しますから、4パターン紹介します。

その前に位置関係を、地図で紹介します。


(グーグルマップより引用)

1:いわかがみ平から中央コースの登山ルート

いわかがみ平の標識
(管理人撮影:いわかがみ平の標識)

栗駒山の登山中央コースの風景
(管理人撮影)

これはこのまま、登山します。
3時間あれば、ほぼ頂上まで行けます。
ただし上るルートは

「中央コース」

のみです。
いわかがみ平の右手前から入っていく、表コースは15時までは帰ってこれないと思うので、こちらは行ってはいけません。

勿論、脚力に自信のある方なら、頂上まで行って15時までに、「いわかがみ平」に戻ってこれるかもしれませんが、私は自信がありません。(経験済みです)

バスで行かれる方は、紅葉を見に行くので、登山ではないかと思いますから、頂上まで上る方は、中央コースが必須かとい思います。

15時までに、いわかがみ平に戻って、バスでそのまま高原駅、または石越駅に戻るパターンです。

では、次からが問題です。

2:13:30分いわかがみ平からくりこま荘で降りて駒の湯に向かう!

栗駒山の紅葉の風景写真
(管理人撮影)

私は、この二のパターンをお勧めします。

「駒の湯」

は、宮城岩手内陸地震で、土砂に埋まってしまいました。
しかし、3年ほど前から、復興して再開しました。

栗駒山駒の湯の風景写真
(管理人撮影)

栗駒山駒の湯の風景写真
(管理人撮影)

栗駒山駒の湯の風景写真
(管理人撮影)

建物はプレハブで、小さくサービスも決して充実してないですが、お湯だけは一級品です。

温泉の温度は38度前後で、ぬるめのお湯ですが、源泉かけ流しで湯の花も浮いてる、正真正銘の温泉です。

そして帰りの時間は

くりこま荘:15:25分

に乗ります。
遅れないようにしてください。

距離ですが、くりこま荘から約300~400m程度かと思います。
坂道を降りたらすぐです。

料金などの写真は上記です。
休憩で2時間まで:800円です。

そばもあるのでいかがですか?
セットメニューもあるようなので、参考までに。

3:13:30分いわかがみ平から乗ってハイルザームで大浴場で温泉満喫!

栗駒山ハイルザーム栗駒の入り口付近からの風景
(管理人撮影:ハイルザーム栗駒の入り口風景)

ハイルザーム栗駒は、通常の宿泊施設です。
浴場は大浴場で、とてもきれいです。

勿論温泉です。

が・・駒の湯やくりこま荘の温泉とは、全く違います。

当然ですが、日帰り休憩料金が必要です。
料金確認したのですが、どれが本当かわからないので、現地で確認ください。

いずれ1000円以下のようです。

ゆっくり休憩した後に

ハイルザーム栗駒:15:20分で、くりこま高原駅、または石越駅に向かう。

このパターンです。

4:13:30分いわかがみ平から乗ってくりこま荘で源泉かけ流し温泉満喫!

源泉かけ流し温泉なら、2番の駒の湯かこのくりこま荘です。

ただ、建物が古いです。
温泉旅館というのは、それでこその味があると、解釈できる方は、お湯だけは源泉かけ流しの意温泉なので、満喫してください。

勿論、休憩料金が発生します。

温泉のみなら500円のようです。

2番の駒の湯を早く切り上げて、バスの時間までにちょいとくりこま荘で源泉かけ流し温泉!

これもいいかもしれませんね。

いずれ、1時間30分ほどの時間です。
検討ください。

バスの運行予定は?

下記で紹介しました。
石越駅からのhsっ社時刻表は下記です

石越駅から栗駒山への紅葉バスの運行期間と時刻表と登山写真紹介!

くりこま高原駅からの、八社時刻表は下記です。

くりこま高原駅から栗駒山への紅葉バスの運行期間と時刻表と運賃は?

いずれも期間限定なので、乗り遅れないようにしましょう!

スポンサーリンク

栗駒山紅葉バスの観光ルートお勧めのまとめ

栗駒山の紅葉の写真
(管理人撮影)

考えてみれば、中央コースの登山なら、頂上まで登って降りて、いわかがみ平のレストハウスで休憩して

15:00分

のバスに乗るパターン。

私の一昨年の様に、途中まで登ればちょうど

13:30分

のバスに乗って、ついでの温泉。
このパターンが成り立つのですが、ハイルザームとくりこま荘二か所は、どうにも無理そうな感じがします。

この二か所は、歩いても多分5~10分程度の距離です。
ハイルザームは、温泉を満喫??

ではないです。
大浴場で、源泉かけ流しではないですから。

温泉を満喫するなら、くりこま荘か、上記で一押しの

「駒の湯」

です。
どうせ入るなら、二か所入浴だけでもいいかと。

駒の湯までは、くりこま荘から歩いて300m~500m以内かと。

くりこま荘のバスの発車は:15:25分です。

遅れないようにしてくださいね~~~~

*私は地元のようなものなので、毎年行ってます。
とてもきれいなので、すごく栗駒山の紅葉はおすすめです。

近いので、私は数回行って、写真を撮ったりするのですが、必須のものがあります。

温泉はいるなら、タオル忘れないようにしてくださいね!
貸しタオルもあるかもしれませんが、念のため!

・・・・・・
関連リンク
次の日の観光は、厳美渓はいかがですか?

厳美渓の観光は紅葉の時期がおすすめ!駐車場情報と写真画像紹介!

その次は、世界遺産奥州平泉の毛越寺の、大泉ヶ池の風景は絶景です。

平泉毛越寺の観光は紅葉の時期がおすすめ!見頃の時期と写真画像紹介!

この時期は、日本中どこでも紅葉を見ようと、観光には絶好の時期かと。
私の乗り遅れず、どんどん行きます!

一年で最高のシーズンですよ~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る